あおぞら通信blog

2019.08.05更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です。

先日、下の娘とつれだって
どちらかといえば私の方が興味津々だった
「マンモス展」に行ってきました。

近畿大学がイニシアチブをとって行われているこの企画展。
何がすごいかってそれはもう本物のマンモスが
ででーんと登場するところです。

マンモスですよ?マンモス。

約30000年前に絶滅したとされるマンモス。

いくつかの種が存在したらしいですが
体表を長い毛に覆われ、長く湾曲した牙と
現在の像の1.5倍はあろうかという巨体が特徴の古生物です。

マンモス1

近畿大学はまた、遺伝子テクノロジーを用いて
マンモスそのものを現代によみがえらせる研究も行っています。

ただ単にマンモスすごいでしょ、という展示ではなく
マンモスをこの世によみがえらせることの意味を問う
とても考えさせらる良い展示でした。

子供マンモス

なぜか「危険生物」とか「絶滅生物」とかに目がない次女。
その動物がどれほど危険かをとうとうと語る次女はしかし、
実物しか持ち得ない命のパワーにやや押され気味に見えました。

「百聞は一見にしかず」

やはり本物にしかないモノがそこにはあったということです。



投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら