あおぞら通信blog

2020.09.20更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック長の池田えり子です!

先日は園医をさせていただいている
ユニバーサル・キッズさんの歯科検診でしたglitter

検診です

世界的流行を見せる新型コロナウイルスの影響で
検診にも重装備で挑まなければならない世の中になってしまいました・・・





人間の成長の過程には人とのコミュニケーションが何より大切です。

人との関わりの中で自我を学び、社会性を養っていく。
そんな当たり前のことが思うようにできない若い世代が
新型コロナウイルスの一番の被害者なのかもしれません。

それでも久しぶりにあったみんなは元気いっぱい!

早くマスクなんかしないで
みんなで大声で笑って過ごせる日がくるといいね♪

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.08.17更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

コロナ禍の中、みなさまどんな夏休みを過ごされましたか。

「あたらしい生活様式」が社会に浸透し
真夏でもマスクをした人たちが行き交うこの異様な風景は
決して忘れられることなく歴史に刻まれることでしょう。

当院は8/13(木)から8/19(水)まで
休診とさせていただいております。

8/20(木)より通常通り診療を行わせていただきます。


投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.05.28更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

新型コロナウイルス感染症により
世界中で犠牲になられた方々のご冥福を
心よりお祈りいたします。

日本では全国で緊急事態宣言も解除になり
これからは国民がみな一丸となって
「新しい生活様式」に取り組みながら
アフターコロナの世界を生きていく。

そんな中で様々なことが見直され
要・不要を突きつけられている気がします。

しかし、それは今まで目を向けてこなかったものの
再発見の可能性も大いに含んでいます。

この自粛生活の中、我が家で再発見したこと。

それは・・・






VRの凄さ。




いやはや驚きました!
すごいのなんのって最近のVR!!

専用メガネにスマホを固定するだけで
VR用に編集されたコンテンツが
まるでその世界に入り込んだかのような臨場感で迫ってきます。

そして何より面白いのが
側でVRメガネをしている人を見ること(笑)。

一人で「おー」とか「あー」などと言いながら
キョロキョロしている様子はかなり面白いです。

国立科学博物館のHPには
館内展示を全てVR化したコンテンツがあり
本当に博物館にいるような気にさせてくれます。

https://www.kahaku.go.jp/VR/

ぜひ一度お試しください!

かはく
注)娘は科学館を散策中


重症化しないと言われてはいますが
若い世代たちが受けているコロナウイルスによる社会的隔絶は
想像を絶するものがあります。

次の世代を担う若者たちが、そして世界中の人々が
1日も早く日常を取り戻せることを切に願います。




投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.05.22更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

完全に権威の失墜したWHOに変わって
COVID-19の感染拡大に関する正確な情報収集は
Johns Hopkins大学の発表を信頼するのが
アフターコロナ時代の新常識です。

考えてみれば
米国のいち私立大学である同校の発表が
あたかも世界公式発表のもののように扱われるのは
極めて異例のことです。

例えていうなら
「慶應大学医学部の発表によると・・・」というニュースを
全世界の人が固唾を呑んで見守っているような感じでしょうか。

私の生まれる100年前、1876年に誕生したこの学校は
我が母校北海道大学を創造した新渡戸稲造の学び舎として知られ
現在までに29名のノーベル賞受賞者を輩出する
米国ではアイビーリーグと並ぶ超名門校です。

そのJohns Hopkins大学が開講する
COVID-19に関するオンライン講習会が
とてもわかりやすく有益だとの情報を得て
さっそくエントリーしました。

同大学は特に疫学分野に関しては
他の追随を許さないジャイアント。

同大学の教授によるビデオレクチャーをみて小テスト受験
というショートセッションを何度も繰り返し
COVID-19に関する知識を深めていきます。
最後に卒業試験を受けて合否を判定します。

COVID-19とは何か?
感染症状はどんなものか?
潜伏期は?
どのような行動が危険か?
防疫と隔離の違いは?

といった事柄を
多民族国家である米国特有の繊細さを持って
実際のケーススタディーを通して学ぶことができます。

COVID-19。

この侵略者の名は
21世紀の100年の記憶の中に
間違いなく深く刻み込まれることでしょう。

あおぞら歯科クリニックでは
人類がこの侵略者に打ち勝つその日まで
正しい知識を身につけて戦い続けます!

修了証



投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.05.08更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

神奈川県歯科医師会からの、神奈川県民の皆さまへの声明をここに転載します。



神奈川県民の皆様へ

今般の新型コロナウイルス感染症は拡大の一途をたどり
ついには政府による緊急事態宣言がさらに延長される事態となりました。
県民の皆様は、より一層不安な日々をお過ごしのことと思います。

昨今では、マスコミ報道などにより
感染リスクの高い職業として歯科医師、歯科衛生士などが挙げられていますが
幸いにして我が国では、新型コロナウイ ルスが歯科診療により
患者さんへ感染した報告は1例もありません。

また、歯科診療の中断は、口腔衛生状態の低下を招き
免疫力の低下や細菌性肺炎のリスクを高める恐れがあります。
さらには新型コロナウイルス性肺炎に罹患した際重症化しやすいことが知られています。
介護現場等での口腔環境の悪化は、特に肺炎重症化のリスクを高めます。

今は、誰もが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある時だからこそ
命を守るためにも、口腔ケアが大事であると言えます。

歯科診療は「生命を守る」医療です。

診療の継続・延期、メンテナンスの継続・延期など
ご自身での判断をなさらずに、かかりつけ歯科医にご相談ください。

県民の皆様には、ご迷惑をおかけする場面もあろうかと思いますが
皆様の身体の健康、お口の健康を守る事が、神奈川県歯科医師会の責務です。

感染拡大防止のために感染予防策の徹底を周知し
県民の公衆衛生の維持向上に努めていきたいと存じます。

2020 年 5 月 4 日
公益社団法人神奈川県歯科医師会
https://www.dent-kng.or.jp/news/2065/

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.05.03更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

新型コロナウイルス感染症の拡大は止どまるところを知りません。

あおぞら歯科クリニックではすでにお伝えしたとおり
診療予約を大幅に縮小し、万全の感染対策を講じて
歯科医療の提供を続けています。

諸外国に比べて、桁が一つ二つ違う犠牲者数なのも
ひとえに最前線で戦う医療従事者の方々の
尽力あってのことと感謝の念でいっぱいです。

当院の診療縮小により余裕が出た
マスクやガウンといった医療資源は
最前線で戦う近隣の医療機関に寄付させていただきました。

地域が一丸となって
この国難とも言える状況に
打ち勝ちましょう!!

当院は
5/2(土)から5/7(木)まで休診
とさせていただきます。

みなさんも長引く自粛で
フラストレーションが溜まる毎日だと思います。

でも、この瞬間も、多くの医療機関では
ウイルスという目に見えない敵との戦争が続いていることを
どうか忘れないでください。

もう少し。あと少しだけ。STAY HOME!

ステイホーム

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.04.15更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

本日、重大な決断をいたしました。

厚生労働省ならびに日本歯科医師会などからの通達を受け
歯科検診、クリーニング、軽度の歯周病治療、予防処置など
緊急性が比較的低いと考えられる歯科処置を
GW明けまで延期することといたしました。

ご予約の変更に際しては
せっかくお約束をいただいていた患者様に
多大なご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。

あおぞら歯科クリニックでは、4月いっぱいは
患者様の予約を「重要な処置および緊急処置」にとどめ
待合室および診療室がいわゆる「3密」状態にならないよう
最新の注意を払いながら診療を行う予定です。

このことはまた
逼迫するマスク、グローブ、ガウンといった医療資源の
過剰な消費を防ぐ策でもあります。

大阪府では
最前線で戦う医療従事者たちのガウンが足りず
雨合羽をかき集めているというはなしです。

厚生労働省は
消毒用のアルコールが手に入らない場合
ウォッカでの消毒を許可すると言い出しました。

わたしたちは「先進国」の住人ではなかったのか・・・

衝立

受付には
来院された方とスタッフとを隔てる
透明だけど、高く冷たい壁が設置されています。

とても悲しい壁です。

本来ならば心と心を通わすはずの
患者さんとのふれあいが断絶される日々。

でも、私たちはこの戦いに必ず打ち勝ちます。
勝たねばならないのです。







 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.04.08更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

あらぶる地球。

まさかこんな形で
自然界からの猛襲を受けるとは
誰が予想できたでしょうか。

ウイルスという目に見えない敵。

この敵が日常をある地点から真っ二つに分断してしまいました。

いま、多くの方々が
言い知れない不安や得体の知れない恐怖を抱き
人が人を信じられなくなっています。

しかし、人類は過去にも
多くの似たような危機に屈することなく
たくましく生き延び、今日の繁栄を築いてきたのです。

この緊急事態宣言下において
国民一人一人がそのことを重く受け止め
政府の要請を可能な限り尊守すること。

できることを、きちんとやることが何より大切です。

あおぞら歯科クリニックでは
開業以来、特に衛生面を中心に
医療安全を追求してきました。

タービン等の切削機械は言うに及ばず
3wayシリンジの先端まで
患者さまごとの滅菌をルーティンとしています。

現在、診療室は窓と扉を全て解放し
2台の空気清浄機がフル稼働。

患者さんの診療後はその都度エタノールにてチェアを消毒し
定時に院内各所を同様に消毒。

施術者はマスク、アイプロテクション、サージカルキャップ、ガウンを着用し
当然グローブは患者さん一人一人に使い捨てです。

対コロナ

できることを、きちんとやる。

きっとまた
人類が勝利する日を迎える
その日まで。











投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.03.15更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です。

少し前に
「人は見た目が9割」という本が
人気を博していたと思います。

もちろん深い付き合いから得られる
人間同士の相互理解は否定されるものではありませんが
初対面においては、その人の「見た目」で
ある程度判断されてしまうのは事実でしょう。

特に日本を離れると
初対面でもグッと強く握手して
ニコッと歯を見せて笑うのが
「常識的な現代人です」という
最低限の礼儀のような気がします。

日本人、苦手なんですよね、コレが...

術前

子供の頃に歯をぶつけたことがあるらしく
以来徐々に変色していく前歯にずっと悩まされていそうです。

術後

現在のセラミック修復技術であれば
この位の結果は十分出すことができます。

こんなスマイルなら、きっとうまくいく。
間違いないと思います。





投稿者: あおぞら歯科クリニック

2020.03.15更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です。

新型コロナウイルスの拡散は世界を揺るがす大参事となり
各国で学校や店舗の休業が実施されています。

その影響を受け、多くの学校では卒業式や合格発表などの
人が至近距離で集まる催しが中止または変更を余儀無くされる事態に。
多くの若者たちの心に、癒ることのない爪痕を残してしまいました。

3/16には歯科医師国家試験の
3/26には歯科衛生士国家試験の
合格発表が行われる予定です。

これからスタートする医療人としての第一歩を楽しみにしている皆さんにも
コロナショックは深く暗い影を落としているかもしれません。

でも、心配しないでください。

皆さんが飛び込んでこようとしているこの世界は
いつどんな時でも
多くの患者さまたちから
必要とされている世界です。

ご卒業おめでとうございます。

そして、医療の世界へようこそ!!

あおぞら歯科クリニックでは
タービンやコントラをはじめ
あらゆる設備を滅菌・ディスポーザブル対応し
世界基準の安全性を確保して診療を行っています。

見学はいつでも大歓迎です!

一緒に地域医療を、いや日本の医療を支えていきましょう!



投稿者: あおぞら歯科クリニック

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら