あおぞら通信blog

2008.08.29更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です。最近は雷がとても頻繁に発生して怖いですね。我が家も一度停電いたしました(笑)。こんな時こそキャンプ道具のランタンだ!とはりきって暗闇の中をゴソゴソしましたが、点火する前に当然電気は復旧しました・・・
そんな時こそ「あおうん」で盛り上がっていきましょう!!
「はあ~い。それじゃちょっとチクっとしますよお~」
「は、はい・・・(汗)」
チク。
「も∞ 
★(º π º)

・・・そんな時代はもう終わりました(笑)。世界に誇る日本の技術力が、33G(直径0.2mm)という途方もない極細注射針を作成することを可能にしました。針の当たる粘膜に表面麻酔薬を塗り、その部位にこの極細33Gの注射針を使えば、完全に無痛とまではいきませんが、かなりの割合でお痛みを感じることなく麻酔をすることができます。もちろんEOG滅菌済で一回使い捨てです。採血の針が大嫌いな院長でもコレなら安心♪
  33G.jpg

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2008.08.22更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です。9月の矯正治療・無料相談は、21日()と24日()になります。歯並びが気になる方、治療期間や費用について相談をご希望の方、お気軽にご予約ください!

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2008.08.03更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です。連日の猛暑で少しバテぎみな院長ですが、久しぶりの「あおウン」はりきってまいりましょう!
「それでは虫歯を取りますよ~」「は、はい...」
「キュウィ~~~~~ィィィンンンン!!!」
「あ@:*$(¤ω¤)!!!!
・・・・ちょっと大げさすぎました。みなさんが嫌いな音No.1の座を、常に「黒板を引っかく音」と争う「あの音」・・・そう、虫歯を取る器械、「エアータービン」のお話です。虫歯になってしまった部分は、歯のタンパク質成分が溶解している状態なので、治療するためにはそこを削り取らなくてはなりません。旧くは機織り器のように歯医者さんが足でギコギコとペダルを踏んで器械をまわしていたのですが、当然それでは時間がかかるし、何より大変苦痛を伴いました。しかし現在では、圧搾空気の力で小さな羽根車を回転させ(なんと毎分400,000回転!)、その先に付いたダイヤモンドの刃を使って虫歯を削り取るのです。こうすることで低振動かつ飛躍的にスピーディーな治療が可能になりました。エアータービンの発明は、みなさんを虫歯治療の苦痛から救ってくれた画期的な発明なのですよ!でもやっぱりあの「きゅい~ん」は・・・僕も実はきらいです(笑)
エアータービン.JPG

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら