あおぞら通信blog

2011.08.29更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

医療においてもっとも重要なことは
正しい診断を下すこと
であると考えています。

診断が決まれば
おのずとそれに対する治療が決まるからに他なりません。

一般の歯科臨床において、この診断は
実際の患者さんの言葉、すなわち問診によって
80%は下すことが可能だと思っています。

だから私は問診に時間をかける方ですし
その診断をより確かなものにするために
レントゲン等の各種検査をもって確度を高めていくわけです。

しかし年に何例かは
その場で診断が付けられないケースが存在するのも確かです。

たとえばこのケース。
破折前.jpg

数日前より奥歯に痛みがあるとのこと。
強く噛むと痛いことがおおいらしく
普段はあまり気にならないらしいのです。

レントゲンを撮影しても虫歯はないし
コレといった原因が見当たりません。
しいて言えば歯周ポケットが多少深いという程度でしょうか。

骨格がしっかりした顔立ちをしたこの患者さんは
ご自分でも夜間就寝中に歯軋りがあることを自覚しており
それによって一時的に歯に捻挫のような症状が
でているのかもしれないと考えられました。

だとするならば治療は歯軋りとそのダメージを緩和すること。
すなわちかみ合わせの微調整やスプリント療法となります。
少し経過を観察し、症状の軽減がなければ
そのような治療へと進んでいくことにしました。


・・・ところが


しばらくして歯ぐきが腫れてきたとの事で
急患連絡をいただきました。

確かにあの歯の周囲の歯ぐきが腫れているのです。
これは明らかに周囲に細菌感染が起きている証拠。

そこでよくよく歯を見てみると・・・
破折線.jpg

歯にうっすらとヒビが確認できます。
そうか。あのときの症状はこのヒビが原因だったのか。

麻酔をせずに銀歯を除去し
どんどん奥へ進んでいくとやはり
神経は壊死し、黒く変色していました。
髄空開放.jpg

件のヒビはやはり
神経の空間にまで達しており
ここが感染経路となって
神経が壊死していたのです。

Oh, God.

コレだから診断は難しい。

日々(ヒビ)是決戦であります。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.24更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

いろいろな事が起こった今回の旅もいよいよ最終日。
この日は下調べした「ベアマウンテン」なるアトラクションに挑戦!

「ベアマウンテン」は広大な敷地内に多くのヒグマが
野生に近い状態で暮らしており、
いままでの「○○クマ牧場」のような、
狭い獣舎にクマがスシづめ、といったものではなく、
なるべく野生の状態を再現した新しい施設なのです。

最近、このような動物の生態を
ありのままに伝えようとする施設が多く見られます。
かの有名な「旭山動物園」がそのはしりでしょうか。

まずはチケットを購入し、早速ゴー!と思ったら
入り口付近にお土産コーナーが・・・

私、院長のささやかな趣味は
「ご当地パロディTシャツ」
収集であります。
旅行に行くとついつい買ってしまいます。

今回はコレ!
kuma.JPG

でました! 「KUMA(くーま)!!」
このテのパロTではメジャーなPUMAネタですね。
このほかにも・・・

KUINA.JPG

「KUINA(クイナ)」なども過去にゲット済みであります。

歯医者なら当然いっとくべき

シーさーT.JPG

なども良品かと存じます。( ̄ー ̄)ニヤ...

院長のコレクションはまた別の機会にでもして・・・
子供たちにも「KUMA」Tを仕込んでイザイザ!
「ベアマウンテン」へ突撃!!!
s-いざベアマウンテン.jpg

装甲車のようなバスに乗り込むと、程なく出発。
前方になにやら物々しいバリケードが見えてきました!
クマが敷地内から逃げ出さないようバリケードは二重になっており
フェンスには電流が流れているそうです。 (((;゚Д゚)))ガクガク~

s-ジュラシックパーク?.jpg  

ジュラシック・パークですか?




バスが敷地内に入るや、いきなりいます。ええ、クマが。
メスを入れてしまうと争いが起こるので、オスだけらしいのですが
もうホント、ワラワラおります。
一匹一匹にちゃんと名前がついているのですが
・・・区別つきません(笑)。

s-熊出現.jpg

s-ベアベア.jpg

s-遊歩道.jpg

クマ牧場でりんごをおねだりするクマさんたちとは違って
やはりある種の「獣」的オーラを強く感じました。

こんなヒクマがもしも敷地の外にでも逃げ出したら
どうするんだろう、と少し恐ろしくなりましたが
よく考えるとまわりの山々は
ヒグマだらけなわけで。

お邪魔をしているのは我々の方でしたね。
子供は興奮、親は勉強になる良い施設でした。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.22更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

翌日は一路、十勝平野へ!

十勝平野は北海道の面積の10%を占める広大な平地で
北海道経済の中心地・札幌とは、険しく厳しい日高山系で
分断されているため、独立王国のような独特の地域です。

ここにはそう、お取り寄せブームの火付け役ともいえる
「花畑牧場」
があります。

生キャラメルで一躍全国区に躍り出た、田中義武氏率いる同牧場。
それだけにとどまらず、絶品チーズやホエー豚など
数々のオリジナルブランドを作り上げ
いまや押しも押されもせぬ十勝地方の一大観光スポットになっております。

国道を外れ、何の変哲もない農道を進むこと10分。
そろそろ道まちがえたかな、というところで突然大きな工場を発見。

ここがうわさの花畑牧場。

他の牧場の掘っ立て小屋のような設備と比べると
まさに工場と言っても差し支えない近代的な設備。

この地域の若者の雇用も大きく引き受けるそのパワーは
単に「ビジネスが当たった」というだけでは決してなく
まさに立派な社会貢献・地域貢献であると痛感します。

拓銀の破綻以来、北海道は暗いニュースばかりで
冷え切った景気はあまたの倒産を生み、
北海道そのものがどんよりとした停滞ムードに支配されていました。

しかし、食糧危機がまことしやかに叫ばれる昨今にあって
食料自給率なんと200%に届かんとする北海道は
潜在的にはとてつもないパワーを秘めています。

その類稀な資源を生かして
このような自由な発想のベンチャーが
もっともっと活躍していくことが出来れば
再び日本を牽引するドリームアイランドとなることが
出来るかもしれません。

義武さん、北海道をよろしくお願いします!

ささやかながら「チーズカフェ」でお昼を堪能。
ジャガイモに溶けたチーズをかけただけの
 何の変哲もないメニューですが、これがナカナカおいしい!

s-お花畑牧場カフェ.jpg

「ハイジ」でおんじが作ってくれる「アレ」
最も近いものと想像していただければよいでしょう。

そうこうするうち、あっという間に車は
今日のキャンプ地である「サホロ・リゾート」へ!

ここでは親戚の子供たちと落ち合って
二家族合同の大キャンプ!!
s-サホロキャンプ.jpg

久しぶりの再会だというのに
血のつながりは凄いもので、ものの数秒で大親友に復活!
いやはや、子供は本当に面白いものですね・・・

せっかくなので近くの沢でスイカを冷やし
s-スイカを冷やす.jpg  

ベタベタに「スイカわり」を決行!
s-スイカワリ.jpg

高原の夏を満喫いたしました!!a&鉙€・€+釥€・€a&




え?トラブルはないのかって?



8箇所ブヨに刺されましたけど何か?

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.20更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

一夜明け、太陽の下でおそるおそるタープを確認。
よしよし、昨晩の強風でも大丈夫そう。
これで旅が続けられると一安心。

そうと決まればずっと行きたかった「襟裳岬」へ向けて早速撤収!
「襟裳岬」は、そう、ご存知、森進一の名曲「襟裳岬」の
舞台でございます。

ここは一年中強風が吹き荒れることが有名で、
斜め45°に立つことが出来る、日本でも有数の
マイケル・クリフです。
(注:マイケルのように立つことが出来る、の意)

当然キャンプ場においても、
院長の「鬼の仕上げ磨き」
変わりはありません(笑)。

s-キャンプで歯磨き.jpg

このポジショニングが大事です。


いざ!襟裳岬へ!!
このあたりの道は、断崖絶壁の海岸を切り開いて作ったことから
黄金を敷き詰めているほどお金のかかったという意味で
「黄金道路」と呼ばれています。
波の高い日は道路に容赦なく波がかぶり
ライダーには恐れられている道路です。

s-黄金道路.jpg

元来、ライダーにはどうしてなのか
「先っぽに行きたがる習性」
があります。

特にそこに何もなくても、です(笑)。




15年ぶりの襟裳岬は
びっくりするくらい風がなく
きれいな展望台が整備され
あのころのどこか寂しい最果て感がありませんでした。

この15年で私も大きく変わりました。
襟裳岬も大きく変わっていました。

ただ一つ変わらないのは
ここからは地球が丸く見えることでした。

s-襟裳の春は.jpg

♪北の町では もう
悲しみを 暖炉で 燃やしはじめてるらしい
訳のわからないことで 悩んでいるうち
老いぼれてしまうから
黙りとおした歳月を 拾い集めて 暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です
(作曲 吉田拓郎 作詞 岡本おさみ)

 





投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.19更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

ひとっ風呂あびて上機嫌なまま
家族そろって「にくいあんちくしょう」の元に帰る道すがら。
夕日は沈み、海からの風がぬれた髪を心地よく乾かしてくれます。

さあ、仕込んでおいた焼き芋でも食べて
まったりとしようかな、とおもっていると
なにやら「にくいあんちくしょう」の所が騒がしい。

Hey, Guys. いくらかっこいいからって
そんなによってたっかて見物しなさんなヨ。(´ー`)┌フッ
こちとらおちついてデザートも食べられやしない・・・・

・・・って、車浮き上がってます!(゚д゚;)


海からの強烈な風が
タープにはらみ、凧揚げ状態となって
車体が斜めっています!

それを周りのキャンパーたちが必死に押さえているのです!

われわれも走りよって
何とか吹っ飛びそうなタープを押さえにかかります。
まさにだんじり祭り状態。

なんとかタープを地面に下ろすことができましたが
アルミ製の骨組みはグニャグニャに折れ曲がり、
とてもじゃないがそのまま走るわけにはいかない感じです。
スタート初日からコリャ参ったと頭を抱えてしまいました。

しかしこんな北の最果てで
誰が助けに来るわけでもなし。
なんとかせねば旅はここで終わる。

界王拳2倍
タープを巻き取ると、テープでぐるぐるまきにして
何とか走れそうな気がしてきました。




・・・もちろんト〇タレンタリースには
被害状況を過小報告したのは
言うまでもありません。
(つづく)

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.18更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

お盆休みも終わり
遅ればせながらの猛暑が続く今日このごろ
みなさんは体調など崩さずに元気でお過ごしでしょうか?

毎年夏休みは家族そろってキャンプに繰り出しますが
今年は少し趣向をかえて、かねてからの憧れであった
「キャンピングカー」
をレンタルし、我々のメモリアル・ランドである北海道を
巡ってみることにしました!

思い起こせば私が学生のとき
当時はハーレーダビッドソンという
Made in USAのビッグバイクにまたがって
北海道中をツーリングして巡ったものでした。

時折キャンプ場で大きなキャンピングカーを見かけ
そのオーナーさんたちと少し会話を交わすのが
楽しかった記憶があります。

しかし会話の内容は
あっちが壊れただの、立ち往生中だだの
あまり嬉しい話ではなく
キャンピングカーって案外たいへんなんだな~
と感じた記憶があります。
我々も例外なくその「先制パンチ」を受けることになるのですが・・・

でもテントのように撤収作業がないことと
それに伴いキャンプ地でゆったりとした時間が過ごせる利点は
当時家族のいなかった私にでもわかるくらい
リッチ・キャンピングのかほり
ぷんぷんとしておりました。

そんな長年の夢をかなえるべく
今回私がチョイスしたのが
ト○タレンタリースさんが提供している
キャンピングカーレンタルサービスです。

ここの優れた点は、なんといっても
千歳空港でキャンピングカーを借りて
千歳空港で「のりすて」ができる点です。

限られた休暇をみっちりと楽しみたい方には
嬉しいサービスです。

夢のキャンピングカー(と父親が吹き込んだ)とあって
娘たちのテンションも最高潮!
幼い頃からキャンプをしてきたお姉ちゃんは
もう一刻も早く「アイツ」と対面したくてたまらない様子。
まあまあ落ち着け、わが子よ( ゚,_ゝ゚)ップ

そしてついに
「にくいあんちくしょう」にご対面~~~!

s-2011summercamp 003.jpg

さっそく乗り込むと、小さいながらも
ちゃんとあの「かほり」がするではないですか!

運転に慣れるためにも
当日は千歳空港から南下し
襟裳岬へといたる南下ルートを選択。

コレがまたヨカッタ・・・(o´▽`)ノ

競馬ファンにはたまらないと思われる
名馬たちがいる牧場が点在し、
親子向けの乗馬教室などがそこかしこで
行われています。

そこで早速寄り道をして
親子で挑戦!!

s-2011summercamp 007.jpg

結構馬って揺れるんですね~
聞けばインストラクターのお兄さんは
東京から来たと申しておりました(笑
)。

今日のキャンプ地は温泉入浴施設が隣接した
「三石海浜公園オートキャンプ場」。
完璧に管理されたとてもきれいなキャンプ場ですが
「6月にキャンプ場に熊の足跡と糞あり」と
意味深な張り紙がしてありました・・・(((;゚Д゚))ガクブルです。

かるくビビリつつも、さっそくキャンプサイトの設営に取り掛かります。
いつもならテントを出して、ポールを組んで・・・
と小一時間仕事なのですが、
さすがは「にくいあんちくしょう」のこと。
するするっとタープを引き出せばもうおしまい。
あっという間に快適なキャンプサイトの完成です!

s-2011summercamp 019.jpg

う~ん、マンダム(二回目)。

太平洋に沈む夕日を見ながら温泉につかり
今日一日の疲れを癒す・・・

コレが人生の至福でなくてなんなのか。

このときはまだその後に起こる出来事を
知る由もなかったのです・・・
(つづく)

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.12更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

ついに私、院長も35歳。

気持ちだけはあの頃のままですが
いかんせん肉体の老朽化は進み・・・
どうりで最近疲れが抜けないわけです(笑)。

そんなやや消耗気味の私に
スタッフのみんながサプライズケーキを用意して
お誕生日をお祝いしてくれました!!

お誕生日1-crop.JPG

思い起こせばこの35年間
お盆生まれの私は、お友達を呼んで
いわゆる「お誕生日パーティー」をすることが
ありませんでした。

いつも友達の誕生日パーティーに呼ばれては
かるい挫折感を味わい
お盆生まれの宿命
を恨んだものでした・・・┐(´ー`)┌

スタッフのみんな
本当にありがとうございます。

スタッフからもらったケーキの味は
35年の歳月を溶かして余りある
甘酸っぱい味がしました・・・



お誕生日2.JPG





・・・キメすぎですか?

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.08更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

我々の医療界では
「後医は名医」
という格言があります。

現代医学(≒西洋医学)において
もっとも重視されるのは「診断」です。

なぜなら現代医学においては、
診断さえ決まれば治療方法はおのずと決定するのであり
またそれを誰がやっても一定の結果がでるものとして
体系立てたものこそが現代医学そのものだからです。

旧くは歯の中に住む悪魔が暴れるのを
祈祷師が祈りによって沈めることが
治療であると信じられていた時代。

そこに診断はなく、おそらくどのような病でも
治療手段は「祈り」であり、当然位の高い祈祷師の「治療」の方が
よく効くものであったに違いありません。

現代医学は万能ではありませんが
少なくとも先達たちの知識や技術を蓄積し、
体系だてて次世代に継承できる点においては
現時点での最善の手段であることに疑いの余地はないでしょう。

一見なんともないレントゲン像にみえるこのケース。

CI2.jpg

噛むとなんとなく歯が痛い気がするが
激痛ではなく、気になるという程度。
たしかにすこし深めの修復物が入っていますが、
果たしてもし私が最初の担当医だったら、
前医と同じ轍を踏まない保証があるでしょうか?

このような深い修復物は時として、長い時間の経過の後、
神経の自然死という結果に終わる場合があります。

麻酔をせずに歯を削っていくと
案の定、神経の空間に達しても知覚はありません。
神経が壊死しているということです。

しかるべき洗浄の後、ガッタパーチャ(過去ログ参照)にて
緊密に封鎖して治療は終了です。

CI5.jpg

後医には「ハズレくじ」が除かれた選択肢が残ります。
それが「後医は名医」といわれるゆえんです。


投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.06更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

ことしは涼しい日が続き
なんだか肩透かしを食ったような夏ですが
湿度はしっかり高めで困ったものですね。

さて、あおぞら歯科では8/10(水)の午前診療分をもちまして
夏期休暇となります。

8/11(木)~8/16(火)は休診とさせていただきます。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.08.03更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

9月の矯正治療・無料相談は、12日(月)と25日()になります。
歯並びの悩みや、治療期間や費用について相談をご希望の方、
どうぞお気軽にご予約ください!

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら