あおぞら通信blog

2011.11.28更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!


家具が、好きです。



特にヤコブセンやアアルトなど
名だたる巨匠たちを輩出した北欧モノには
心惹かれるものがあります。

しかし、彼の地とは文化や生活習慣の違いもあり
なかなかそっくりそのまま取り入れるのも
いかがなものかという思いもあります。

ところで我が家では
結婚と同時に購入したダイニング・セットが
老朽化により寿命を迎えつつありました。

日本人の生活に違和感なく溶け込みつつ
どこか本場北欧のシンプルながらもハッとするデザインを
併せ持つナイスなダイニング・セットがないものか・・・

そんな折、ふと立ち寄った家具屋で見かけたこの作品。

日本人デザイナーの村澤一晃氏の紡ぐ
シンプルで華奢な中にも遊び心と実用性を兼ね備えた
チェアに一目ぼれしてしまいました。

ながーいながーい制作期間を経て
ついに先日我が家の一員になったこのダイニング・セット。
待ちくたびれて軽く忘れていました(笑)。

これからどんな家族の思い出が染み込んでいくのでしょうか。

ダイニング.JPG

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.25更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先日、当院を支えてくれたDrイツムラの開業祝いを届けに
山梨県まで行ってまいりました!

一般道嫌いで名をはせる院長は
迷わず高速道路をつないだ走りっぱなしコースをチョイス。
都内を通過して中央道に入り、一路山梨へ!

山間部はグッと気温が下がっており
休憩で立ち寄るサービスエリアでは
温かい食べ物が飛ぶように売れていました。

高速道路をホニャララkm/hで飛ばすこと約2時間
ついに山梨県は落合にある、Drイツムラの医院に到着しました!

桃畑の中に光るアルミの近代的な外壁。
そしてそんなシャープな外観とは裏腹に
親しみやすくキュートな色合いのロゴ。

入り口からフラットな院内は
さすが山梨(?)といった圧倒的な広さ。
トイレにいたるまで完全バリアフリーの安心設計。



イケてます。


成功がもう約束されている気がします(笑)。



当院と同じく、歯科医師で副院長である奥様も大変キュートな方で
二人三脚でクリニックを切り盛りしていかれることでしょう。

s-イツムラ開業.jpg  

Congratulations!!
山梨でのお口のトラブルは「いつむら歯科クリニック」へ!

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.23更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック長の池田えり子です!

先日初の乳歯抜歯を経験したおねえちゃん。
麻酔も抜歯もなぜだか終始ニコニコでした(笑)。
大人になることのほうが待ち遠しく、楽しみだったんでしょうね♪

さて、ずいぶんと内側に出てきてしまっていた永久歯ですが
その後は大丈夫なのでしょうか?
これも患者さんから大変よく受ける質問です。

乳歯.jpg
確かに乳歯の内側に生えてきていますね。

その後順調に生えてくると、特に何もしなくても・・・


乳歯その後.jpg
かなり唇側にならんできてますね。

歯並びというものは
歯が並びたいところに並ぶものです。

顎の大きさと舌、唇の圧力などがバランスした
ちょうど無圧空間になるスペースに並ぶように出来ています。
神様が作った神秘ですね♪

ですから、指をしゃぶるクセがあったり
唇や爪をかむクセがあったりすると
それらの力が「悪い意味」での矯正力となり
歯並びが悪くなってしまいます。

心配な方は一度診察を受けてみてくださいね。

それにしてもここからうどんをちゅるっと食べるのやめませんか(笑)

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.20更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

12月の矯正治療・無料相談は12日(月)と25日()になります。
歯並びの悩みや、治療期間や費用について相談をご希望の方、
どうぞお気軽にご予約ください!

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.17更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

毎週木曜日は休診日。
夕方はお姉ちゃんを英会話教室に送ります。

年中さんからはじめた英会話も
今では親よりも断然よい発音になりました。

お姉ちゃんの通う英会話教室は
発音訓練として「フォニックス」なる方法を用いています。
フォニックスは、ある発音がどの文字郡と結びついているかを学び
それらの文字の発音を組み合わせ、未知の単語の正しい発音を
組み立てるというという独特の手法です。

なのでたとえば「F」は「エフ」ではなく、「フゥ」。
「C」は「シィ」ではなく、「カァ」と覚えるのです。

そこに母音の音を組み合わせて正しい発音にするわけですね。

アルファベット突っ込まれ世代の我々には
にわかには受け入れがたい手法です(笑)。

背の高い外国人男性がちょっと得意でないお姉ちゃんは
優しい女の先生が大のお気に入りで、
本当に嬉しそうにレッスンに通っております。

この教室では、季節のイベントなどもとても豊富で
夏はサマーキャンプ、秋はハロウィンパーティーと
大勢の子供たちを相手に、本当に頭が下がります。

コムエス.JPG
ハロウィンパーティーでのひとコマ♪




そんなお姉ちゃんが先日、毎朝飲むサプリメントを指して
「ねえねえ、これビタミン・カーが入ってるよ」
と申しておりました。

そこは「シィ」でもいいはず(笑)。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.14更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

患者さんからよく聞かれる質問に
「その治療は一生持ちますか?」
というものがあります。

もっとも返答に苦慮してしまう質問です。

天然の歯自体でさえ
一生持つかどうかは保証することができません。

ましてや、虫歯・歯周病や極度の変色などが原因で
やむなく人工物を装着した歯が、
一生存在する確たる保証があるでしょうか。

もちろん上モノ"それ自体"はほぼ一生持つでしょう。
しかしその上モノを支えるのは自分の歯であり、骨なのです。
こればかりは「その方の管理しだいです」とお答えするよりありません。


車を購入するときに
「この車は一生持ちますか?」と尋ねるでしょうか。

家を購入するときに
「この家は一生持ちますか?」と尋ねるでしょうか。

その答えなら日本の税法の中にあります。
車は6年
家は20年
帳簿上はたったこれだけの年数で価値はなくなることになります。

しかし、乗りっぱなしの高級外車より
きちんと手塩にかけて整備した軽自動車の方が
気持ちよく運転できること

掃除もしない大豪邸より
小さくても常に清潔で、きちんとリフォームされた
ささやかな住宅の方が住みよいこと

そしてなにより、それらとともに過ごす
かけがえのない時間。
そこに価値があることを誰もが実感として感じているはずです。

常に変わり行く世の中にあって
不変のものなどありません。

しかし変化に合わせてフォローアップしていく事は可能です。


人前で大きな口を開けてはつらつとした笑顔を見せられますか?
旅先で皆と一緒にその土地のおいしいものを食べられますか?

笑顔.jpg

そのかけがえのない時間の対価として、
どのくらいの費用が妥当でしょうか。

車はおよそ200~300万円。
家はゼロが一桁違います。

きちんとしたメインテナンスを行い
かけがえのない時間を過ごすことにこそ
真の価値を見出すべきなのではないでしょうか。

それでもあなたは治療に先立って
「この治療は一生持ちますか?」
という質問をしますか?

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.11更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!





キタ!━(゚∀゚)━!





yatta.jpg



あこれヤッターでした・・・






ついに完成。



完成.jpg

その名も

あおぞら(Aozora)アクアリウム(Aquarium)

略して


AA





・・・アスキー・アートじゃないですよ。




構想4年(ちょっとオーバー)、苦節2年(ゴロ合わせ)
ついに院長の理想の待合室が完成しました!

そうです、かねてからブログでアナウンスしていたのはコレなんです。

アクアリウム3.JPG
もちろん製作はアクアリウムの第一人者、世界の東城氏。
とにかく魚たちに対する愛情がハンパではありません。
まさに愛情が作り出した志至高の芸術といって差し支えありません。

アクアリウム1.JPG
なんとなくさみしかったこの一角に・・・


アクアリウム2.JPG
娘も思わず見とれるこのアクアリウム!

東城氏によれば、アクアリウムのもたらす
リラクゼーション効果は、特に医院には最適なのだそうです。

歯科医院への行きにくさを少しでもなくしたい・・・
アクアリウムが皆さんの心をいやしてくれるなら嬉しいです。

東城さん、スタッフのみなさん、そしてご紹介いただいたM先生、
素敵なアクアリウムを本当にありがとうございました。



8a739c1a956bb70f0e57496274ec41e01.jpg

・・・そう、最も癒されているのは

実は私です。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.10更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

このところグッと冷え込みが厳しくなってきました。
コタツにみかんが恋しい季節ですね。
こんなときには家族そろってほっこりと

「あおウン」

をお楽しみください。

ええ、強引ですとも(笑)


虫歯を取り除いた後の詰め物として
現在、世界中で広く使用されているコンポジット・レジン。
あおウン愛読者の皆様ならもうご存知ですね♪

ところでこれ、どうして取れないのか考えたことがありますか?

もちろん特殊な接着剤を使って歯にくっつけるのですが
そもそも異なる物質が「くっつく」とはどういうことなのでしょうか。

じつは突き詰めるとわかっていないことも多いのです。

そもそも物質はお互いに原子レベルで引き合っているので
そのレベルの話をすると分厚い本が書けてしまいます。

従来、歯と詰め物とは接着しないものと考えられ、
接着しなくても取れないように、かなりオーバーに被せていました。

その概念を覆し、歯と詰め物を接着させることに成功したのが
Dr.Buonocoreです。時は1955年。
意図的に粗面にした歯の表面に樹脂を浸み込ませるのが
その原理です。

以来接着剤は進化を重ね、
現在では歯科治療に欠かせないものになりました。

musiba1.jpg
たとえばこのケース。歯の間が虫歯になっています。
しっかり虫歯の部分を取り除くと・・・
kadou.jpg
かなり内部がほれた状態になります。
中心部分の変色は細菌感染のない着色層なので
取ってはいけませんね。

juuten.jpg
接着剤にて処理後、そのままコンポジットレジンを詰めます。
もしも詰め物と歯が接着していなければ、
ポロッいってしましそうなこのケースでも
十分な接着力があれば、長期的な予後が期待できるでしょう。

お口の中は熱いコーヒーも入れば
冷たいアイスクリームも入ってきます。
真冬の露天風呂で湯につかったり出たりを
延々繰り返しているようなものですから
歯や詰め物にかかる負担は想像を絶するものがあります。

そんな過酷な条件でも
長期的な耐久性を期待できる歯科用接着剤。
まさにミラクルな接着剤です。

くれぐれも取れてしまった銀歯は
アロ〇アルファでつけないでください・・・

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2011.11.05更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

偉大な漫画家、手塚治虫の代表作「ブラックジャック」。

医療の道を志す若者なら
必ず一度は読む作品といっても
過言ではないでしょう。

もちろん院長も例外ではありません。

物理の教科書を机に立て
その裏で必死に来るべき医療の勉強に励んでいました(笑)。
よいこはマネをしてはいけませんね。

いろいろと心に残るエピソードがあり
それぞれに考えさせられるわけですが
そんな中でも強く記憶に残っているのが
「体内に置き忘れられたメス」の話です。

詳しい話はここでは述べませんが
遠い昔の手術の際に体内に忘れられたメスが
時を経て取り出されたとき
その周囲を石灰化物がまるで「さや」のように取り囲み
体が傷つくのを守っていたという話です。

石灰化というのは組織中のカルシウムイオンが
沈着して起こるもので、ある意味正常な代謝の結果
であるともいえます。

われわれ歯科の領域で
この現象に最も簡単にお目にかかれるのが
そう、「歯石」です。

歯石は歯に付着したプラークが石灰化したものであり
ハブラシなどでは容易に取り除くことができません。

歯石それ自体の病原性は低いといわれていますが
歯石の付着した表面には新たなプラークがつきやすく
下敷きになった歯肉の炎症を引き起こすため
口臭の原因となり、ひいては歯周病(歯槽膿漏)の主原因となります。

ですので現代歯科医学においては
もちろん除去して清潔に保つことに
異論を挟む余地はありません。

before.jpg  
歯石によって歯肉に炎症が起きています。

after.jpg
歯石を取ると、歯肉の炎症がはっきり分かります。

しかし「石灰化」ということの本質を考えたとき
考えようによっては、病原性の高い細菌の塊であるプラークを
石灰化によって「歯石」として封じ込める
生体側の精一杯の抵抗なのかもしれません。

まるで「置き忘れられたメス」のように。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら