あおぞら通信blog

2012.04.30更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

さて、ニューヨーク大学インプラント科卒後研修2日目。

今日の講師はDr.Michael Sonick。
アメリカはコネチカット州で補綴専門医として開業されています。

アメリカでは一般歯科治療を行う一般医(Genaral Practitioner)と
それぞれの専門領域のみを行う専門医(Specialist)がいて
一般医が対応できない困難な症例を専門医に紹介し
専門領域の治療が終了しだい、一般医に戻ってもらうシステムです。

報酬も高く(ということは患者さんの治療費も高い…)
何かとメディアに露出するのはこれら専門医たちばかりですが
患者さんにしてみれば、歯科治療で2件3件と医院をたらい回しに
されるので、アメリカ医療の「不都合な」部分かもしれません。

それでも、一般医と専門医が緊張感を保ちつつ
お互いの治療手技を監視しあっているという点では
結果的に治療技術の底上げに繋がっていることは
紛れもない事実です。

Sonick先生の専門はもちろんインプラント治療ですが
まず何でもかんでも「インプラントありき」ではなく
なぜその治療方法を選んだのか
他の方法と比べてメリットとデメリットはどうか
といったロジカルな治療計画の立案を大切にされていると感じました。

前日のNewton先生と比べると
落ち着いた中にもユーモアをちりばめた
アメリカン・デンティストらしいレクチャーでした。

s-Dr.Sonick 001.jpg
s-Dr.Sonick 002.jpg

アメリカでは1つの成功例や失敗例の中から
なぜそうなったかの理由を見出し
それを普遍的な法則に落とし込み
再現可能な「セオリー」にすることがよく行われます。

インプラントを含む歯科治療も単なる「名人芸」であってはならず
正しい理論と正確な手技をもってすれば
誰でも再現可能なものでなければなりません。

印象的だったのは、受講生からの質問に対して
「それは2003年の〇〇先生の書いた論文に書いてある」とか
「1998年の△△先生の論文以降、この方法で行っている」など
とにかく確たる証拠(Evidence)に根ざした治療を行っている点です。

成功にも失敗にも、何事にも「原因」と「結果」の法則がある。
当たり前ながら忘れがちな思考の原点を再認識させられた1日でした。

s-Dr.Sonick 003.jpg  
Happy Birthday, Dr. Sonick!!

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.04.26更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先週末は以前にもご紹介した
ニューヨーク大学インプラント科卒後研修プログラム
に参加してきました!

2年間のプログラム中、日本で行われる最後のセッションです。

今回もHOTな講師陣が熱いレクチャーを
繰り広げてくれました。

1日目はブラジルで開業されている審美歯科医
Dr. Newton Cardoso。

これはどこの国の歯科医師にも言えることですが
最先端のオフィスというものは国籍に関係なく
どこも大体同じようなレベルだということです。

たとえ東南アジアや南米でも例外ではありません。

BRICsやASEANなど
とかく先進国”以外”の国々を軽視しがちですが
どの国にも「最高」を求める人々はいて
そしてそれに答える「最先端」は必ず存在するのです。

そしていつも感心するのが
諸外国の講師陣が皆一様に「家族」を大切にし、
スライドにも必ず家族とのバカンス写真などが登場することです。

ブラジリアン特有の(?)アッパーな雰囲気
で講義は進み、気が付けばあっという間の1日目でした。

個人的にはかなり興味のある
コンポジットとセラミックを使った審美症例が多く
徹底的に美しさにこだわる姿勢には脱帽します。

s-Dr.newton 001.jpg  
それにしてもスライドのお洒落なこと・・・

スティーブ・ジョブスのプレゼンや
歴代アメリカ大統領の演説にはいつも関心させられますが
諸外国の講師はほぼ例外なく講義がユーモアにあふれ
飽きることなくぐいぐいとひきつけられます。
これも文化の違いなのか・・・

日本の総理大臣の所信表明演説も
かくあって欲しいものです。

個人的な質問にも快く応じていただき
世界のトップが考える現時点での「到達点」を
知ることができました。
s-Dr.newton 002.jpg

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.04.19更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

世間一般における歯科医師のイメージは
どんなものでしょうか?

こわい・・・


痛い・・・



ドS・・・・
 

・・・おそらくこんな感じでしょう(笑) ( ´,_ゝ`)


そんな皆さまのイメージを変えるのが
われわれあおぞら歯科クリニックの使命だと思っています!

そこでその目標が達成されているのかを検証するため
もっとも身近な人物

そう・・・

娘に聞いてみました(笑)。
きっとクリーンで優しいイメージに違いない!



院長「ねえ、お姉ちゃん、パパの歯医者さんの姿の絵を描いてよ」
長女「え~、いいよ」
院長「かっこよくねъ(*゚ー^)> 」
長女「え~、なんで?」
院長「え、いや、なんでじゃなくて・・・その・・・かっこよく・・・(;´Д`)」

カキカキカキ・・・ 待つことしばし・・・

長女「はい、できたよ」
院長「おおー!できたか!どれどれ。う~ん、よくかけてるね~

・・・ってお~いっっ!!」

歯医者のイメージ.JPG  






歯医者のイメージ・アップ.JPG

やっぱりそうなの~

(;゚;Д;゚;)

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.04.12更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

春らしい陽気にさそわれて
久しぶりにあおウン
いってみたいと思います!

あらゆる微生物を、生存できないように死滅させること。

それが「滅菌」です。


歯科治療は別名、歯の「外科」といわれ
出血を伴う処置が日常的に行われます。

もちろん直接体に触れるものは「滅菌」していますが
あおぞら歯科クリニックでは歯を削る器具である
回転切削器具「タービン」「コントラ」も例外ではありません。


「ウィ~~~~ン」というアレです。


従来、この回転切削器具を洗浄、滅菌するのは
非常に手間のかかる作業でした。

よく洗浄した後、オイルを注入し、滅菌器に入れる・・・
手は機械油で汚れ、非常に時間のかかるものでした。
そして何より、スタッフ泣かせなヤツでした。

そんな面倒な滅菌作業を

全て全自動で

やってのけるスーパースターがあおぞら歯科にやってきました!

その名も「DACユニバーサル」!

DAC1.JPG  

洗浄・注油・滅菌を全て全自動でこなすコイツ。
しかも全ての工程を驚きの12分でこなすスグレモノ!

いい時代になったものです┐(´ー`)┌

何よりお気に入りなのは
器具を装着するこのリッド!

DAC2.JPG

バルカン砲か?

さすが独逸モノはこの辺の剛性感が違います。

あおぞら歯科クリニックでは
こうして患者様一人一人に
新たに滅菌した切削器具を用いています。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.04.07更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

4/5(木)は我が家のお姉ちゃんの小学校入学式でした。

不思議なもので、卒園の時にはあんなに泣けてきたのに
新しい門出は期待と緊張が感慨を上回るのか
娘よりも私のほうが身の引き締まる感がありました。

それにしても驚いたのは
偶然にも休診日の木曜日が入学式で
院長・副院長ともに出席ができましたが
お勤めのご家庭は難しいんだろうな
という予想をはるかに上回る


父親の姿でした。


s-卒業証書 004.jpg
s-卒業証書 005.jpg

私が子供の頃は
父親が式に来ている子は
本当に一握りだったと記憶していますが・・・

平均年齢が39.44歳と
横浜市の中でも、もっとも若い世代が多い都筑区。
こんなところからも日本の未来像が垣間見えまる気がします。

時代は変わったものです。


投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.04.01更新


こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田えり子です!

小さい頃から当院に通ってくれているNちゃん。

最初の頃は
ちょっぴり悲しくて泣いちゃったり
治療イスから脱走したりで(笑)
それはそれは元気な子でした。

ずっと定期健診に通ってくれていて
今では乳歯の抜歯も何でもできちゃう
とっても優等生なんです♪

そんなNちゃんが先日
こんなステキな似顔絵を描いてくれましたぁ♪ 似顔絵.JPG

いつも一緒に遊んでいる当院のスタッフまでいるんですよ!
とっても上手に書いてくれました(´ー`)

ありがとうNちゃん(*ゝ∀・*)-☆.



・・・ええ。




当然院長はいません。

(笑)

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら