あおぞら通信blog

2012.12.30更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

今年も一年が終わろうとしています。
皆さんにとって、今年はどんな一年でしたでしょうか。

あおぞら歯科クリニックは今年も多くの患者さんにご来院いただき
無事に6年目の診療を終えることが出来ました。
年が明けて2月より、早いもので7年目を迎えることが出来ます。

あおぞら歯科クリニックは
地域医療の更なる質的な充足や継続性の強化を目指し
12月より「医療法人社団 青空会 あおぞら歯科クリニック」とし
より一層の医療の充実を図っていく所存です。

これもひとえにわれわれの医院を選んでいただいた患者さんと
日々の激務を笑顔で献身的にこなしてくれる多くのスタッフたちの
おかげだと本当に感謝しております。


そして私にとっては、本当に学びの多い一年でした。


歯科医師としては
年始から始まったニューヨーク大学への留学での多くの出会い。
また、著書や論文でしか拝見したことのなかった先生との出会い。
多くの新しい技術と理論との出会い。


学び続けることは決して楽なことではありませんが
学び続けることこそ人間が成長する唯一の方法であり
人生を豊かにするものだと思います。


また一人の人間としては
忙しいながらも娘たちの成長を間近に見て
出来るだけ家族とともに時間を大切に過ごすように心がけました。
こちらの方は十分とは言えなかったかもしれませんが(笑)、
家族皆大病を患うこともなく過ごせたことに感謝です。




翻って、われわれの暮らすこの日本にも
大きな変化の訪れた一年だったのではないでしょうか。

いまだ癒えぬ震災の影響のなか、改めて
さまざまな利害関係を持つ国々に囲まれるように
われわれ日本が存在していることを思い知らされました。

初夏の青島(チンタオ)は、潮騒と異国情緒漂う近代都市でしたが
私がインプラント研修で訪れたそのたった数ヶ月後に
あのような破壊が繰り広げられるとは想像できませんでした。


つぎつぎと押し寄せる諸問題を見るにつけ
よく言われるたとえではありますが
明治開国以来の重要なターニングポイントに
われわれは差し掛かっているように思えます。

来年こそ、日本にとってよい一年であることを願って止みません。

そしてわれわれあおぞら歯科クリニックにとっても
来年は本当の意味で大きなターニングポイントになると思います。

地域の皆さんに本当に必要としていただける歯科医院になるために。
来年も絶え間なく前進して参りたいと思います。

今年も一年、本当にありがとうございました!!

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.28更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

今年ももうすぐ終わりですね。
寒い日が続いていますが、皆様風邪などひかぬようご自愛ください。

さて、あおぞら歯科クリニックは
12/29(土)~1/4(金)まで休診とさせていただきます。

1/5(土)からは平常通り診療させていただきます。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.25更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

結構な家電好きで知られる院長ですが
今年導入の家電の中でのヒット商品は
やはりこれ。

「ルンバ」

でございます。


みなさんご存知の通り「ルンバ」は
勝手に掃除機をかけてくれるお掃除ロボットなのですが
初期の製品ではなかなか思うように掃除してくれなかったり
段差などに弱かったりと、詰めの甘さが目立ちました。

・・・しかし。


今度のルンバはやります。
段差に対する対応力や掃除範囲の正確性など
「あら便利♪」と思える製品に進化しています。

たま~に部屋の隅で 
"んごんご" 困っている時もありますが(笑)
そんなおマヌケな姿もちょっとしたペットのようでカワイイもんです。

子供たちも「るんるん~!こっちだよ~!」とか
「も~、るんるんそこが好きね~」などと
たいそうかわいがっている模様です。( ´ー`)フッ

ただしうちの子供たちが作ったダンボールハウスは
形態がファジーなようで、るんるんは苦手そうです(笑)。




投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.20更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

休診日の今日は娘の個人面談でした。

「約束30分前の男」院長は
やや早く着きすぎの模様。

ふらりとのぞくと体育館では生徒たちの作品が
たくさん展示してありました。

そういえば一ヶ月くらい前、娘にせかされて
落ち葉なんかを拾いに行きましたが
これを作るためだったんですね・・・





この箱庭的センスに日本人のDNAを感じずにいられません(笑)。


担任の先生に
娘の普段の様子や授業で作った作品、テスト(!)など
たくさんのお話を聞くことができて
あらためて娘の成長を感じることができた1日でした。



投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.16更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先日の休診日は
先進医療機器の勉強会に参加すべく
上野の株式会社ヨシダ本社に行ってきました。

歯科器機メーカーは日本に数多くありますが
「ヨシダ」といえば押しも押されもせぬ一大総合メーカー。
自動車産業で言うところの「ト〇タ」「ニッ〇ン」でしょうか。

もちろん海外勢として「KaVo」や「Sirona」といった
一流メーカーがありますが(「B〇W」や「ベ〇ツ」でしょうか?)、
日本人にあった(モンゴロイドという意味)サイズや使い勝手
を考えると、国産メーカーに利があるように感じます。

とくにご高齢の方が海外メーカーの治療イスに座ると
背中のカーブなどがうまくフィットせず、
居心地が悪そうなのが気になります。

さて、件の先進医療機器ですが・・・
歯科用デジタルエックス線CT撮影装置です。


それにしても技術の進歩に驚かされます。
登場当時は巨大な装置でしたが
現在ではその使い勝手、被ばく線量ともに
隔世の感があります。

金の棺に眠るファラオの謎を解いた医療機器が
歯科診療所に置かれる時代。

立ち止まってはいられません。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.11更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

インプラント治療に対して、過剰な危機意識をあおる報道が
さしたる確証もなく巷に流されている昨今です。

先日も、とある歯科技工士さんが開発(?)された新素材義歯が
"夢の治療"のような扱いでTVに登場していました。
ご自身の前歯を「パコッ」とはずしてみせ(°△°;)
「取り外して清掃できるのがよい」と・・・

それはマヤ文明のころから存在する「部分入れ歯」では・・・?



以前の「3-MIX療法」の際にも同じような根拠の薄い報道がされ
"削らずに治る"であるとか"歯が元どおり再生する"など
過剰な期待をもって来院された方々へのご説明に
多くの先生方が苦慮されたことが思い出されます。

もちろん知識を持たない方へのそうした技術報道は必要ですが
見る人によっては大きな誤解を与えかねない内容のあり方は
いかがなものかと思います。



翻ってインプラント治療。

私自身はインプラント治療が万能で
インプラントにすれば全てが解決するとは
思ってはいません。

なぜなら本当に優れているのは
自分の歯に他ならないからです。

しかし、大学病院で日夜「入れ歯」の治療に携わってきた者として
どうしてもインプラントでしか、患者さんの希望を満たせない
ケースがあるのもまた事実であることを知っていただきたいのです。

冒頭に触れた報道では
インプラント治療に取り組む心あるDrたちが
あたかも悪徳医師であるかのような論調です。

しかし、正しい診断と適切な技術があれば、
インプラントは"夢の治療"ではありませんが
これまでのどの治療法よりも"高い満足が得られる治療"です。

あおぞら歯科クリニックでは、たとえ一本のインプラントでも
術前診査で必ずCT(X線断層撮影)撮影をお願いしております。


これはまさに漁船に装備されている
「海図」や「魚群探知機」のようなものです。

すなわち、これからインプラント治療を計画している部分の
骨の内部を、あらかじめ三次元的に把握しておくために
絶対必要な画像診断なのです。

これなくしてはインプラント治療を行ってはいけませんし
また、もし行ったとしたら、それは海図や魚群探知機を持たずに
夜の海に漁に出かけるようなものでしょう。

そして多くの心あるDrたちは
休診日には己の技術を向上させるため
膨大な設備投資や研修に勤しんでいます。

すべては安全で快適な治療のために。



最後の審判は
インプラント治療を受けられたたくさんの患者さんが
下してくださることと思います。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.08更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先日の木曜日は高倍率(?)を勝ち抜きゲットした
「しまじろうのクリスマスコンサート」をみに
県民ホールまで行ってきました!(*´▽`)

しまじろうとは
ベネッセコーポレーションが手がける
教育講座のキャラクター。


ま、いってみると
昭和世代の「学研の科学と学習」的な
モノを想像していただけるとよいです。

なぜトラなのか?



・・・単にトラのキャラが世に無かったから・・・


という、よく言えばブルー・オーシャン的戦略によって
世に生を受けたのがこの「しまじろう」なるキャラクターです。
ところがこれ・・・


ものすごい人気です。




元来子供は「黄色丸いモノ」が大好きです。
ピカチュウしかり
コロ助しかり
たまごっちしかりなわけです。

そしてここにどストライクなしまじろうがハマるワケです。

だれがこれまでトラをこうしようと考えたでしょうか。
まさにこれこそブルー・オーシャンと感慨深い院長をよそに
ありったけのしまじろう人形を抱えて会場に突撃する次女(笑)


・・・(*´Д`))=3


会場の前のおあつらえ向きの看板前にて記念撮影♪

機嫌がいいのでよしとします(笑)。

歌のお姉さんとしまじろうの仲間たちが繰り広げる
楽しいコンサートに次女は大興奮!!
1時間ちょっとの公演はあっという間にフィナーレを迎えました。

「し~ま~ちゃ~ん!!」とシャウトする次女(´,_ゝ`)

一歩会場を出ると、特設ブースでのキャラモノ販売が
飛ぶように売れています。

そちらを向かないように抱きかかえ
そそくさと会場を後にする院長一家なのでした・・・(笑)

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.04更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

1月の矯正治療・無料相談は21日(月)と27日(日)になります。
歯並びの悩みや、治療期間や費用について相談をご希望の方、
どうぞお気軽にご予約ください! 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2012.12.01更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!


歯を失う理由・・・

それは歯周病とむし歯。


むろん間違いではありません。
が、しかし・・・

上記の2つの理由には必ず「予兆」があるはずです。

たとえばそれは歯のグラつきだったり
むし歯の痛みであったり
程度の差こそあれ、全く自覚症状もなく
突然歯を抜かなければならなくなることはまれです。

ところがもう1つ、何の前触れもなく突然やってくる
歯の「終わり」があるんです。


それは・・・・


・・・・


歯根破折。


文字通り歯が真っ二つに割れてしまうのです。

歯の神経をとった後
頭の部分を再建するために
土台となる「コア」を歯の内部に装着します。

そしてこの「コア」は金属で作られるのが一般的です。
問題はこの「コア」が歯より硬すぎることで引き起こされます。

これは、竹の筒の内部に金属棒を差し込んだ状態
を想像していただければ分かりやすいかと思います。

この金属棒をさした竹筒を思い切り「こじって」みてください。

・・・竹筒がバリッと裂けてしまいますよね?

これが「歯根破折」です。


恐ろしいことにこの「歯根破折」は何の前触れもなく起こります。
ちょっと硬いものを力を入れて噛んだその瞬間に。
そしてほぼ間違いなくその歯は抜歯にいたります。



現時点では
なるべく硬すぎるコア素材を避けること
ブリッジや入れ歯の土台として余分な負担を強いないこと
くらいしか防ぐ手立てがありません。


投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら