あおぞら通信blog

2013.02.24更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

ついに。

導入に踏み切りました。

歯科用X線CT。


以前から何度も当ブログでお伝えしている
インプラント治療に欠かせないCT画像。
従来は近隣の画像撮影医院に撮影を依頼しておりました。

しかしその多くが医科用のものであることから
画質が荒く、読影には少しコツがいりました。

でも、そんな悩みから開放されます。


当院では、現在市場に供されている歯科用CTの中でも
被爆放射線が最も少ない機種を選定してます。

より安全な医療を求めて。

あおぞら歯科クリニックの進化は止まりません。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.02.19更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

院長 in NY 第四弾!!!

一通りレストランも行き
なんだかちょっとNYっ子的なものを食べたくなった院長。
街角のデリにておかず詰め合わせにチャレンジ。

ズラーっと並んだ食材をテキトーにつめていき
最後に何グラムではい、いくらっというこのシステム。

お味は・・・
う~ん、アメリカン(笑)。


ようやくNYの雰囲気に慣れてきたところで
いよいよNYUインプラント科プログラム、スタートです!

ホテルから歩いて約15分。
ここがNYUの歯学部入り口です。


ジェット・ラグをものともせず、レクチャースタート!!


講義は5日間にわたって行われる予定で
NYUの誇る教授陣が連日熱い講義を繰り広げます。

インプラント分野の最近のトピックとして
抜歯と同時にインプラントを埋める「即時埋入」、
骨のない場所に骨を造成する「骨造成」があります。

NYUではおもにこの2点を重点的にレクチャー。
内容的には既知のものもありますが
なにより感覚ではなくデータに裏付けられた臨床に脱帽です。

アメリカの文化は「質問がなければ理解していない」です。
すなわち、「気の利いた質問」がセッションをよいものにし、
教える側も教えられる側も得るものが大きくなるという考え。

ゆえにシャイな日本人相手の講義が一番やりづらいと聞きます。

今回は活発に意見が飛び交い
教授たちも丁寧に質問に答えてくれました。


Dr.Choのライブサージェリーは見ごたえありました。



初日の夜は同期の先生方とMSGにてNBA観戦!
同じ横浜でご開業されている吉田先生のお誘いで実現しました。


結構近い席でビックリ! |;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

今シーズンは強いらしいNYニックスのホームゲーム。
試合はまさに迫力満点。ビシバシ入る3ポイントにダンク。
僕の前の席に座っていた黒人少年たちの喜びっぷりったら・・・

スポーツ選手が最高のオナーを受けるアメリカの
ほほえましい一面を垣間見たような気がしました。 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.02.19更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

3月の矯正治療・無料相談は18日(月)と24日(日)になります。
歯並びの悩みや、治療期間や費用について相談をご希望の方、
どうぞお気軽にご予約ください!   

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.02.15更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先日は一足早いバレンタインデー。

優しい当院のスタッフたちは
もう僕がマジチョコをもらえないのを分かっているので
いつも盛大にプレゼントをくれるんです。

今年もチョコにどら焼き、バームクーヘンに
おしゃれなポケットチーフまで!!


オイオイ、大人を泣かすなよ。

(´ー` )┌ 



みんな本当にありがとう。


娘からも手作りのケーキをもらって
感無量の院長でした・・・

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.02.12更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

院長 in  NY 第三弾!!

翌朝はやはりジェット・ラグに悩まされ
なんとなくシャキッとしません。

日曜の朝に自ら娘と一緒にパンケーキを焼くほどの
パンケーキ好きな院長としては
NYのパンケーキショップの豊富さはまさによだれモノです。

ボリューム感やリーズナブルさを考慮して、この日の朝食はココ
「FairWay Market Place」内のレストラン。


・・・イメージ的にはOKストアの二階のロッテリア、でしょうか(笑)。

気を取り直して、パンケーキをオーダー。
待つこと5分・・・




・・・来ました。





フツー!!((;゜Д゜))!!


あまりにフツーで写真撮るの忘れました(笑)。
味は・・・ パンケーキでした。ええ。
しかし特筆すべきはその値段。

ちょこちょこっと付け合せののった
4段重ねのパンケーキが10ドル。
コーヒーやらで結局しめて20ドル!!

20ドルでっせ!社長!!20ドル!!!

ニューヨーク。そこは朝食に20ドル払う人の街・・・




気を取り直して、かねてから行きたかった
「アメリカ自然史博物館」を訪ねます。

ここはアメリカのことなら過去から現在、
そして生き物から文化、科学技術まで
ありとあらゆることを網羅した「リアル・Wikipedia」です。

セントラルパークに面した巨大な建物がそれです。



中には「ナイト・ミュージアム」でおなじみのコイツや


生物の多様性を理解する系譜図があり


イカさんもいます♪


各人種の起源などを展示するブースがあり


もちろん日本のブースもあります。


どのような捕らえ方で日本が描かれているのか
とても興味があります。

あらかた想像はついていましたが
やはりこの地で日本人を象徴するものといえば

そう。


SAMURAI!に他なりません。


なぜ彼らがここまで侍に畏敬の念を抱くのか。
途絶えて久しい「侍」をここまで生々しくリアルに見るのか。

先の大戦でその魂を垣間見たからなのかもしれませんが
そうした先人たちの築いたものが、日本を現在の地位に
ならしめているのであろうことがこの展示からも見て取れます。

きちんと見て回ると、おそらく1日あっても足りないくらいの
超ド級のスケールをもつこの博物館。
とても半日では回りきれませんでしたが
そのすごさは十分理解できました。

最後はこんなシュールな一枚で・・・


投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.02.10更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

院長 in NY 第二弾
お届けします。

チェックイン後、さっそく腹ごしらえに繰り出します。
事前にチェキッてあった「チェルシーマーケット」に突撃。
けして気取らない、でもホットな店が集中する今話題の場所です。


よさげな店を見つけてラップサンドとスープを注文。
これがなかなかデリシャス。


道端のテーブルにすわってほおばりながら人間観察。
道行く人は本当に様々で
飛び交う言語はもう何語かも判別不能。
この多様性がやはりニューヨーク。
「メルティング・ポット」は伊達じゃありません。

腹ごしらえのあとはこれまた人気スポットの「ハイライン」へ。
この「ハイライン」、今は使われなくなった廃線の高架を利用し
そこを空中通路のように散策路にしてしまったものです。



ハイラインを歩きながらよくよく建物を観察すると
一体いつ作られたのか、というほど古いレンガ造りのビルが
あちこち目に付きます。

ただ壊すのではなく再び別の形にリノベートする。
もちろん地震大国である日本と同じ土俵での比較は
フェアじゃありませんが、時の経過とともに単純に価値が減じ
新しいものにしか価値がないかのような今までのやり方は
やはり見直すべき時が来ているのかも知れません。

お次はどうしても見ておきたかった「グラウンド・ゼロ」。
9.11の同時テロによって破壊されたWTCの跡地です。


まさにそのタワーの跡地は
今は巨大な滝のようなモニュメントになっており
淵には犠牲になった方の名が刻まれています。
犠牲になられた方々への鎮魂の思いをあらたにしました。

無論このようなテロは決してあってはならないことです。

しかし、グローバリズムの波で世界を覆いつくさんとする大国アメリカに
このような形でしか対抗するすべを持たない国家もまた
存在するのだということを思うと、単純な善悪論では片付けられない
世界の趨勢がそこにある気がします。


陽も傾いてきたところで
タイムズスクエア周辺に移動。
言わずと知れたカウントダウンの場所ですね。

他国に押され、沈没寸前のお家芸である日本の家電メーカーも
まだまだここで光っています。


それにしても寒いニューヨーク。
歩いているうちにちらほらと雪が舞い始めます。
まさかこれが今回の研修の最後を襲うアクシデントの序章であったとは
このときの僕は知る由もありませんでした(笑)。

寒さを逃れるように滑り込んだエンパイア・ステートビル。
9.11のツインタワー崩壊により
期せずしてニューヨークで最も高いビルに返り咲いたのは
まだ記憶に新しいです。

エアライン同様のセキュリティー・チェックを受け
ちょっとビビルくらい揺れるエレベーターゆられ80階へ
たどり着いた展望フロアでは、粉雪が下から吹き上げてくる
幻想的な光景が広がっていました。


ここがニューヨークの頂点、それすなわち世界の頂点です。





投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.02.09更新




こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先週アナウンスさせていただいたとおり
ニューヨーク大学(NYU)の短期留学プログラムへの参加のため
院長はニューヨークに行ってきました。

留守中は皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。

しかし今回もまた、大きな刺激と学びを得て帰ってきました。
今後、必ずや進化した治療という形で
患者さんに還元させていただけると確信します。

さて、あおぞら通信では
数回にわたりこのNYUプログラムの様子を
レポートしてみたいと思います。


Welcome to NY!!


・・・前のブログにも書いたとおり
あまり準備もせずに慌しい出発の朝。

いつもどおりの時間に着き
ラウンジで少し腹ごしらえをしてからイザ出発。
NYのJFK空港まで13時間のフライトです。

ちなみに私、飛行機が
大っ嫌いです。

おそらく高校生の時だったかに乗った飛行機が
冗談みたいに揺れたのがトラウマとなり
いわゆる1つの「飛行機恐怖症」になりました。

特に離陸が苦手で、あの
「ポーン!ポーン!皆様この飛行機はまもなく離陸します。」
というCAさんのアナウンスが流れると
心拍が相当乱れます(笑)。

上空でも、自分の足元に地面がなく
飛行機という箱の中で逃げ場がないことを思うと
いたたまれない気持ちになります(笑)。

(笑)って書いてますけどマジでこわいです。

そんなビビリモードを悟られまいと
余裕で寝ているフリなんかをしながら
実は内心ドキドキしっぱなしの末
ついにJFKが近付いてきました!

にしても長い・・・


JFK空港に到着です。

ここからはグランドセントラル駅、略して「グラセン」まで
乗り合いバスにて移動します。

運転手兼案内役のおじさんの
軽い挨拶代わりのギャグのジャブがさっそく飛んできます(笑)。
おお、That's the America。

程なくグランドセントラル駅に到着。
強烈なプッシュでチップを要求してくるおじさんに
「サービス」ということの意味の彼我の差を感じさせられます。



ちょうど100周年記念らしく
いたるところにその歴史や変遷を辿る資料が展示してあります。

グラセンから歩くこと10分。
それにしても2月のNY、
激寒です。

今回1週間お世話になるのが
アパートメントタイプのホテル
「Affinia Dumont」です。


大きな地図で見る
この「アパートメントホテル」なるもの
キッチンや電子レンジ、大型冷蔵庫などがついており
自炊もたいがいは可能な「短期住み込みマンション」といった感じ。
クールなニューヨーカーを気取るにぴったりなホテルです。


裏窓から見下ろす階下のアパートメントたちのたたずまいに
ニューヨークの雰囲気が感じられます。


にしても映画でもよく見るこの非常階段
なんだか落っこちてきそうで逆に怖いです。

一息ついてからいよいよ街中に突撃です。





投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら