あおぞら通信blog

2013.08.28更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

8/30(金)~9/1(日)は
院長が海外出張のため不在となります。
そのため時間を変更しての短縮診療とさせていただきます。

今回のコースはNYUで教えていただいたDr.Choのプライベートコース。
Dr.ターナー去りし後のNYUを支える神の手のハンズオンコースです。

非常にワクワクします。

必ずやその技術を当院に持ち帰ってきますので
ご理解のほどよろしくお願いします。∠(・`_´・ 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.28更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

人間の骨は部位によってその硬さや密度が異なります。
ある程度は術前CTなどで予測が立ちますが
最終的には術部を直接診て、触れてみなければわかりません。

一般的にあごの骨は
上あごが柔らかく、下あごは硬い
といわれています。

インプラントがうまく骨と結合するためには
ある程度の「初期固定」が必要です。

これは例えるならば、ネジをベニヤ板に打ち込む場合を想定して
ビシッとねじ込めるか、ユルユルで回転してしまうかの違いを
想像していただけるとよいでしょう。

ユルユルのネジは外れることが明白ですね。

それではネジにボンドを付けて打ち込んではどうでしょう?

それでもおそらく、ボンドが固まるまでは
初期の固定具合に左右されるので
ユルユルの状態では不安が募ります。

ボンドが固まればしっかりするので
初期の固定具合はあまり大きな影響を及ぼさず
どちらも安定した固定具合になることが予測できます。

インプラントも同様。

骨とインプラントとの結合は、初期の段階の固定具合と
その後に達成される「オッセオインテグレーション」という
生化学的結合とに分けられます。

概して下あごの場合は
初期の固定がガッチリと得られやすいのですが
上あごの場合、骨が柔らかくスカスカした構造のため
初期の固定が得られにくい場合が多くなります。

そのため上あごの場合、インプラントと骨に
「オッセオインテグレーション」による結合が起こるまで
粘膜の下にしまいこんで、外界と遮断する場合が多くなるのです。

このケースでは下あごには即日で頭出しのキャップを装着し
上あごは完全に粘膜の下にしまいこんでます。

ちょうど先ほどの話でボンドが固まるまで待つかのように・・・

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.24更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

当院では、治療時に撤去した歯科用貴金属を
すべて日本財団の主催するプロジェクトに寄付しています。

日本財団「トゥースフェアリー」(http://tooth-fairy.jp/



撤去金属はすべて財団を通じて
ミャンマーでの学校建設プロジェクトや
難病を患ったお子さんたちの支援に役立てられています。

あなたのお口の中で役目を終えたその歯科用金属を
困難に立ち向かう子供たちのサポートに提供させてください。
あおぞら歯科クリニックからのお願いです。


寄付状況は受付にご提示させていただいています。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.20更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

院長御一行北海道珍道中最終回!!


知床を後にした御一行様は
佐呂間周辺でも当然ご当地グルメに飛びつきます(笑)。

佐呂間といえば「北勝水産」。
http://www.hokushosuisan.com/
佐呂間の特産品であるホタテを
「これでもか!」というくらい食べさせてくれる
水産加工会社です。


こどもには何の変哲もないソフトを与えておいて
その隙に「ホタテのバターしょうゆ焼き」を食す・・・

まさに「肉を切らせて骨を断つ」。
ふっふっふっ、この愚か者どもめ ( +・`ー・´)

内部は水産加工会社らしく
大きな生簀にたくさんのホタテやシマエビが。
超有名な「ホタテバーガー」もあって
B級グルメ好きにはたまりません。



道中は雨にたたられることが多かった今年の北海道。
旭川に近づくにつれ、ようやく晴れ間が見えて来ました。


旭山動物園は過去にも訪れているので今回は華麗にスルー。
お気に入りの「東神楽森林公園オートキャンプ場」にほど近い
「ホースカンパニー」にて乗馬体験にチャレンジしました!

馬は乗る人の気持ちを見透かしているといいますが
動物が大好きな長女はすんなりと受け入れられ
なかよくお散歩を楽しんでいました。

見渡せば雄大な山々
そして抜けるような青さの空。
そんな自然の中で馬の背に揺られていると
「ああ、人間これで十分なんだよな」と思うわけで・・・

最終日は千歳近郊の恵庭にて
牛さんの乳搾り&バター作りに挑戦!



おっき~~~~い!!


緊張の面持ちでお乳を搾る長女。


つづいてとれたての牛乳をシェイクシェイク!!


学生時代はバーテンダーだった院長もシェイクシェイク!!


取れたての牛乳は脂肪分子が大きく
シェイクすることでその脂肪分がくっつきあって固まります。
それがいわゆる「バター」なんです。
クラッカーにつけて召し上がれ♪

普段都市部にすむ子供たちにとって
ともすれば忘れてしまいそうな
たくさんの自然と触れ合うことができた
本当にすばらしい夏休みでした。

情報のあふれる昨今。
自宅に居ながらにして様々な情報を得ることができ
どんな場所もどんなことも
あたかも体験したような気になってしまいます。

しかしどんな写真よりも
どんな動画よりも
真実はもっと鮮やかでインプレッシブなものです。

その手で触った乳房の温かさや
頬に触れる雨の冷たさや
引き締まった馬の背に揺られる心地よさは
きっと忘れることはないだろうから。


 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.17更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

院長御一行北海道珍道中第二弾!

みなさんは8月12日が何の日だかご存知ですか?


・・・え?



・・・・知らない?











院長の誕生日です(笑)。



釧路近郊のキャンプ場にて
子供たちからのサプライズバースデー!!

すっかり自分の誕生日を忘れる歳になりましたが
子供たちからのお手紙に感激ひとしおな院長です。

一生懸命に書いてくれたんだね、ありがとう。

そしてなぜか強引に「仕上げ磨き」をプレゼントされました...

ええ。大分テキトーです(笑)。

その後は一路、世界遺産である知床を目指します。

関東圏に住んでいる方は俄には信じがたいかもしれませんが
北海道、特に道東地区はクルマとシカとの衝突事故が非常に多く
その被害は結構甚大です。


大人のエゾシカは体重が150kgにも達するため
衝突の際の衝撃は想像を絶するものがあります。

また夜行性であることから、こちらの視認が遅れ
エゾシカ自身もヘッドライトに幻惑されて飛び出してくるので
特に夜間は注意が必要です。


だもんで、こう書きたくなる気持ちも分かります。
どう注意したらいいのかも教えてクダサイ...。

華麗にシカをかわしつつ(笑)クルマは知床の町「羅臼」へ。
ここは「北の国から」で、主人公の純が身を寄せた「番屋」があり
各所にその撮影スポットがあることで「北の国かラー」に人気の町。

ちなみに院長はもちろん「北の国かラー」(北の国からファンの意)。
富良野は麓郷にある「五郎の石の家」は院長一押しのパワースポット。

そんな純の番屋を再現した
その名も「純の番屋」という食事処が
今回のご当地グルメの目的地。


つまり僕らは、お腹が減っていた訳で...(純風)

内部も徹底的に漁師小屋テイスト。
ここまでやってくれると来た甲斐があるってモンです。


知床といえば当然「ウニ」。
ウニは毎年お盆の頃をすぎると一斉に受精し
味が大きく落ちるため、今がギリギリセーフな時期なんです。

豪快なウニ丼を前にメチャクチャうれしそうな院長。
ええ、子供には一口たりともあげません(笑)。

飯に運を使い果たしたせいか(?)天候に恵まれず
念願の知床は深い霧と時折降る雨で
容易には我々にその全貌を見せてはくれませんでした。


♪ 別れの日は来た ラウスの村にも
君は出て行く 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめを ♪

(「知床旅情」より 作詞・作曲 森繁久彌)


投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.16更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

ここのところ暑い日が続いていますが
みなさまはいかがお過ごしですか。

院長一家はお盆のお休みを利用して
毎年恒例の里帰り&キャンプ場巡りを今年も遂行すべく
"北の大地"北海道に突撃してまいりました。

今年の相棒も、おなじみの
「にくいあんちくしょう号」
ですが、このへんの馴れ初めは
昨年および一昨年のブログをご参照ください。

北海道は院長と副院長が卒業した北海道大学があり
まさに「青春の故郷」といっても過言ではない地。

当時院長はオンボロハーレーダビッドソンで
まさに北海道の「端から端まで」走り回っていました。

そんな北海道でも、いわゆる「道東エリア」と呼ばれる所は
主要都市札幌からかなりの距離があり
また日高山脈という"北海道の背骨"を越えねばならない
ややハードルの高いエリアです。

そのおかげか、手つかずの自然が未だたくさん残り
「これぞ北海道」という雰囲気に溢れた人気スポット。
もちろん世界遺産で有名な「知床」はこの道東エリアの代表です。

子供たちもある程度の大きさになり
長時間の乗車にもなんとか耐えられそうな感じなので
この夏は思い切って知床まで足を伸ばし
普段都会の中でなまりきっている現代っ子の我が子たちに
自然の何たるかを叩き込んでやろうと思います(笑)。

そんなこんなでキャンピングカーに乗り込みいざスタート!!


まずは朝4時起きで飛行機に乗った眠さを
後ろのベッドで爆睡して解消していただいているうちに
車は一路帯広へ。
初日は帯広近郊にすむ親戚と合同キャンプの予定です。

しかし忘れては行けないこの旅のもうひとつの目的。

それは・・・


・・・


「ご当地グルメ」でございます!


当然帯広に来たらここですここ。
元祖豚丼の店「ぱんちょう」。

炭火で香ばしく焼き上げた豚肉に
秘伝のたれをたっぷり付けて
豪快にご飯にのせただけのシンプルグルメですが
何度食べてもうなってしまうウマさです。
あのウェイトレスのおばあちゃん、まだお元気だったのね(´▽`)

今年最初のキャンプは
「十勝エコロジーパーク」(http://www.tokachi-ecopark.jp)です。

本当にだだっ広いという表現がぴったりのこのキャンプ場。
テントをどこに張ろうかと迷うサイトは
北海道広しといえどなかなかお目にかかれません。

サクッとテントを設営したら
さっそく宴会の始まりです♫

一年ぶりの再会ですが本当に仲良しないとこ同士。

箸が転がってもおかしい年頃です(笑)。

翌日はこれもラムサール条約で守られた自然の宝庫
「釧路湿原」でのカヌーツアーに参加です。

釧路湿原は
生い茂ったヨシやスゲが気の遠くなるような時を経て
泥炭化した日本最大の湿原。

当然のことながら国立公園に指定され
何人たりとも許可なく湿原内に足を踏み入れることはできません。

遠巻きに展望台から見る釧路湿原ももちろんよいものですが
今回はこの釧路湿原を流れる釧路川を
カナディアンカヌーで下っていきます。



進むこと10分ほど
さっそくエゾシカに遭遇。


特に怯えるでもなく悠然と草を食むその姿は
ここが自分たちのサンクチュアリであることを
分かっているからなのか...

その他にもカワセミやミンク、オジロワシなど
貴重な生き物たちが次々と登場し
さながらリアル「ジャングル・クルーズ」の様相です。

釧路川は水温がとても低く
夏でも落ちると命の危険が伴います。

こどもたちは
わずか畳一畳分ほどの面積のカヌーの上だけが
命が保証されている場所であるという緊迫した現実の中で
機械仕掛けではない生身の動物の息吹に
何を感じるのでしょうか。






投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.09更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

Welcome to AOZAIA!!

以前よりドイツ学園とのジョイントプログラムとして
おこなっていた院内見学&体験学習。

この夏、強力にパワーアップ!
「AOZAIA!(アオッザニア)」となって帰ってきました!!


今回のAOZANIAは、主に小学校1~3年生を対象に
歯医者さんのお仕事を体験してみよう!という企画です。

夏休み真っ盛りのこの日。
いつも当院で定期検診を受けてくれている
チビッコたち(遠くは鶴見や鎌倉から!!)が
ドキドキで来院してくれました!

まずは院長先生からありがた〜いお話(笑)。

みんな緊張の面持ちで神妙に聞いております( -人-)

面白いことに、ドイツ学園チビッコたちの場合は
何か質問をすると文字通り"われ先に"といった感じで
手を挙げて質問に答えます。

日本のチビッコたちはやはり
少し恥ずかしそうに、周りを見ながら手を挙げる感じ。

そんな奥ゆかしさが日本の美徳かもしれませんね。

そんなこんなで副院長から「歯科医師」の仕事について。

6年間も学校に通うことを教えると
「え〜!チョー長い!」とみんなビックリ。
だんだん緊張もほぐれてきて笑顔がチラホラ。

お次ぎは「歯科衛生士」の出番。

当院のスタッフがこの日のために用意したテロップで
どのように歯科衛生士になり、
どのような仕事をするのかを
解説します。

そして最後は「歯科助手」さん。

電話対応や診療機材の準備、
診療スケジュールのコントロールなど
日々の診療のいわば"管制官"なのです。

さあ!!
勉強が終わったところで
お待ちかねの実習タ〜イム!!

リアルさの追求に余念のないあおぞら歯科クリニックは
当然白衣もキッズサイズを準備(笑)。

四人一組でそれぞれ
「歯科医師」「歯科衛生士」「患者さん」「歯科助手」を
ローテーションで実習していきます。

緊張の面持ちで
おそらく初めてのグローブに手を通す子供たち。


こんなところにイケメンドクターが(笑)。

先生役がおなじみの「歯垢染め出し液」で
患者さん役の歯の汚れを染め出し、その状態を
歯科衛生士役がチェックシートに記入します。


どこに汚れがつきやすいかな?

今度は先生が歯ブラシを使って汚れを落としていき
歯科衛生士は「バキューム」でだ液や汚れを吸い取ります。
これがなかなか難しく、コツを要するところですネ。


は〜い、ズビスビスビ〜〜!!

みなはじめて触れる診療器具や治療イスに興味津々!



忙しく上下動を繰り返す診療イスたち(笑)。

そして別ブースでは、歯科助手の仕事である
型取り&石膏模型作製が行われます♫


歯の模型や人形、自分の指(!)など
思い思いのモノを型取りして、そこに石膏を流し込みます。
気泡が入らないようにするのがポイントですσ(゚ー^*)

まとめをカルテに書き上げたら
いよいよフィナーレ。

「キッズ歯科医免許証」と「お給料」の授与式です!!

一日働いたことで得られる「お給料」を大切そうに受け取り
お母さんのもとに戻っていく子供たち。

最後のお楽しみは、もらったお給料での楽しいお買い物♫

お目当てのものをGET☆!
ご苦労様でしたあ!!


さいごはみんなで、はいチ〜ズ!!




昨今、日本の行く末に対して
悲観的なニュースばかりを目にします。

産業や人口の構成が異なれば、昔のような人生の方程式が
通用しなくなってきているのも理解はできます。

しかし、働くことの喜びや尊さは普遍のものです。

人は働くことで、社会の一員である自己を自覚し
また人に必要とされるからこそ、
自分が価値ある人間であると思えるのです。

今回の体験学習を通じて、
今を、そしてこれからを生きる子供たちが
少しでも将来に明るい希望を持ってくれれば
本当にうれしいです。

すべての子供たちの未来が輝きに満ちていることを願って。







投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.07更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

今日は診療終了後、うれしいサプライズがありました。
もうすぐ誕生日を迎える院長に、スタッフからの愛のケーキが!!

昨年に引き続き、院長の顔をモチーフに
素敵なバースデーケーキをいただきましたああっ!!(城咲仁風)



それにしてもこんなに忙しい診療の合間に
どうやって準備をしてくれたんだろう...

なんでも院長の写真を持っていって
こんな風に、とお願いしてくれた模様。

その気持ちが本当にありがたくてありがたくて...
歳をとるのも悪くはないもんですね。

M先生、うちの美女軍団がやっぱり一番ですよ!!(笑)





投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.06更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック副院長の池田えり子です!

むしむしと湿度の高い今日この頃
みなさまいかがおすごしですか?

こんなときはやっぱり
冷たくてあま~いものに
目がいってしましますね♪ (v^ー゚)

でも毎日毎日アイスやかき氷を食べていると
さすがに虫歯が心配・・・

そんな我が家に、今年救世主が登場!

その名もYONANAS!!

YONANASは凍らせたフルーツを
シャーベットにしてくれるミキサーのようなものです。



バナナやイチゴ、モモやリンゴなど
お好みでシャーベットにしちゃいます♪

特にバナナをたくさん使うと
クリーミーでおいしいんですよね~:*:・(*´艸`*)

フルーツを凍らせてるだけなので
余計なお砂糖や添加物も入っていませんし
とってもヘルシー!

みなさまもおひとついかがですか?

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2013.08.04更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

夏真っ盛り!
みなさん体調など崩されてはいませんか?

例年よりも涼しい気がしますが
まだまだこれからが夏本番。
熱中症などには十分お気をつけ下さいね。

さて、あおぞら歯科クリニックでは
8/9(金)は17:00までの短縮診療となり
8/10(土)〜8/16(金)まで休診とさせていただきます。

例年、この時期は大変混雑いたします。

お困りごとがございましたら
お早めにご予約をいただけますよう
お願いいたします。


投稿者: あおぞら歯科クリニック

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら