あおぞら通信blog

2015.08.27更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

いよいよ子供たちの夏休みも終わり
学校が始まる頃だと思います。

今年の夏はどんな思い出ができましたか?

院長一家は夏の恒例行事、北海道帰省旅行に行っておりました。

まだ元気にしている院長の祖母に年一回会いにいったり
お墓参りにやキャンプなどに行く貴重な夏休みです。

今年で3回目になる北海道巡りの相棒、
「ニクいあんちくしょう号ver3.0」はこちら!!

キャンピングカー

 

おおう!!デカい!!!

いつになくデカいぞ、おい!!
だ、大丈夫か、これ?

一通りショップの方からコックピット・ドリルを受け
「じゃ、気をつけて楽しんでください!!」
さわやかな店員さんの笑顔に見送られていざ出発!!


・・・ト、トラックですね、これ。(;゚;ω;゚; )


ハンパない違和感。
ドライバーズシートというより運転台、いやヤグラ。

いつもならどんなクルマも乗った瞬間に
シンクロ率90%になるファーストチルドレンな院長でも
四隅に神経を張り巡らすのに数分。

バックミラー越しの店員さんの
「あれ、この人なんで発進しないの?」的な視線を
防眩ミラーでかわしつつ、こなれた風のハンドルさばきで
シズシズと発進・・・

ハンドルから伝わる路面状況は限りなくデッドで
もはや慣れ親しんだクルマではなく別次元の乗り物です。

しかし、幅にさえ慣れてしまえば、ここは北海道。
道は広く、スーパーの駐車場もちょっとした野球場なみで
「急」のつく動作さえ気をつければ意外とフツー。

前日まで降り続いていた大雨は
我々の上陸とちょうど歩を同じくして東に去り
北海道らしいスコーンと抜けた空に
何度味わっても飽くことのない爽快感が胸一杯に広がります。

 

キャンピングカー2

ああ、空って本当はこんなに青いんですね。

 

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.08.25更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

夏もいよいよ終わりが近づいてきましたね。

がっかりしているそこの君も
ほっとしているそこのママも

今年の夏はどんな思い出ができましたか?


夏といえば院長の誕生日!!なワケですが(笑)、
今年もスタッフたちから心温まる誕生ケーキをいただきました!!

 院長誕生日1

みんな、ホントーにありがとう!!
こんな心優しいスタッフたちに囲まれて
歳をとるのも悪くはないなと思う今日この頃です。

子、曰く
三十にして立ち、四十にして惑わず。
後一年でその境地に立つことができるのか。

三十代最後の一年
心して生きていきたいと思います。 

 院長誕生日2

それにしてもシュクレさん
この描写力どこまでいくんでしょーか(笑)。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.08.20更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック副院長の池田えり子です!


前回のブログで、


スポーツドリンクの常飲が
青少年の虫歯を招いている、と書きました。

 

では、
麦茶や塩だけで必要なミネラルが摂取できるのかと言われると
そうとも言い切れないですよね(^_^;)

 

ここは一つ冷静に、
内科的な観点からも考えてみましょう。

 

そもそも
水分が体内へ吸収されるのに適した糖分は2.5%以下と言われていますが、
スポーツドリンクは6%以上のものがほとんどです。

 

スポーツドリンクは、
口当たりをよくするためNaが少なめであり、  

 糖 > 塩(電解質) なのに対し、

(←だから美味しいんですよね~)


より体液に近い浸透圧である経口補水液は 、

 糖 < 塩(電解質) となっています。

(←なるほど、あまり美味しくないわけですっ) 

 

そのため、OS-1などの経口補水液に比べ、
スポーツドリンクは、浸透圧が高値であり、

かえって体内への水分の吸収が妨げられ、
喉の渇きも増すのです。

 

また、激しい運動中、
糖質のたっぷり含まれた飲み物を飲むと、

血糖値が急激に上がり、

インスリンが過剰に分泌されるため、

肝心な時にエネルギー生産が行われず
カラダの不調を引き起こしたり、
ひどい場合には低血糖となるとも言われています。

 

摂取するタイミングや、電解質の濃度などを考えることが
非常に大切と言われる所以でしょう。

 

諸説さまざまな考え方や意見があるとは思いますが、

 

歯科医師として、
子育て中の母として、


☆ 常飲はしないこと!

☆ だらだらチョビチョビ長い時間飲み続けないこと!

☆ 飲むなら、せめて薄めて飲むこと!

☆ 出来るだけ飲む回数、機会を減らし、
   運動後はふつうの水を飲むこと!

☆ 試合後の帰り道は、ガム噛みを習慣とすること! 
  (唾液パワーアップ!)

☆ 自宅で、歯質の強化に努めること!
  (フッ素やミネラル入りの歯磨き粉を使う!)

 

を、ぜひ約束してほしいと切に願っております。


激しく運動をしたときや、
極端に多量の汗をかいた時以外は、
水やノンカフェインのお茶などで十分では??(これは私見デス)


文字通り、

過ぎたるは及ばざるがごとしですネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.08.20更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック副院長の池田えり子です!


日毎に暑さも和らいできましたが、

まだまだ水分補給に気を配っている方も多いのではないでしょうか

 


熱中症対策が声高に叫ばれるこの時期、

殊に歯医者として感じるのは、

 

スポーツ少年たちのなんと虫歯の多いことか!!!

深刻ですよっっ そこの君!!

 

かつて虫歯と無縁だったちびっこたちが、

スポーツを始めた途端に虫歯を多発させるのですから(+o+)


親御さんが嘆くより先に

思わず天を見上げて

 


オオーマイガーッ

 


...そんな気分ですよ、ほんとに

 お父様お母様かかりつけ医として
  本当に申し訳ありません...ふ~(ToT)/~~~

 

この一因となっているのが


日本中の少年たちが愛飲している

「スポーツ飲料」

!!!!!

 


確かに、

多量の発汗による脱水や熱中症などを防ぐ

即効性は期待できる代物ではありますが、


同時に

容易に虫歯の引き金となることをご存知ですか????

 


スポーツ飲料は、

清涼飲料に比べると低カロリーとなっているものが多いとはいえ、

含有する糖分によって

一気に口内のPHを3.3まで下げ、エナメル質の溶解が始まります。

ちなみに、歯が溶け出すのはPH 5.4

牛乳で6.6(中性)。砂糖入りのコーヒーでさえPH6.5です。

 


飲んだ後歯磨きをすればいいかって?

NON,NON!!

 


唾液には、下がったPHを中性に戻す緩衝能といわれるパワーがありますが

中性に戻るまで、30分~1時間かかりますから。

 


運動中、乾ききった口の中に

間断なく低PHドリンクが入る=何時間もの間、歯が溶け続けるのです(>_<)

 


昨年10月には

英スポーツ医学誌 British Journal of Sports Medicine において

「トップレベルの多くのスポーツ選手が、成績不良につながる虫歯や歯周病に悩まされ」ており、

その一因として

「スポーツドリンク」があげられていました。

 


スポーツドリンクの摂取が不可欠である、との慣習にとらわれず、

歯こそが、健全な心身の育成に重要な体の組織であることを

子供たちに広めていければと願っております。

 

アオッザニア

 

※ 写真は、
恒例のあおっザニアでの一コマ。
しっかりPHについて学んでいます♪

 

 

 

 

続きは次のブログへ

 

 

 

 

 

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.08.12更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

夏真っ盛り。
皆さん元気にお過ごしですか?

当院では8/11(火)の午前診療をもちまして
夏期休業となります。

8/12(水)〜8/18(火)

は休診とさせていただきます。
8/19(水)からは通常診療となります。

ご理解のほど、何卒宜しくお願いいたします。

 

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.08.11更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

日本矯正歯科学会認定医・桃沢尚による
8月の矯正治療・無料矯正相談日は
8/23(日)と8/24(月)になります。

歯並びの悩みや、治療方法・治療期間などについて
相談を希望される方はお電話にてご予約ください。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら