あおぞら通信blog

2015.12.27更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

クリスマスも終わり一気に年末モード。
今年のお仕事も終わり、休暇に入られている方も多いと思います。

あおぞら歯科クリニックでは
12/29(火)の午前診療をもちまして本年の診療を終了し
1/5(火)まで冬期休診とさせていただきます。

1/6(水)からは平常通り診療を行います。

例年、年末年始は急な患者さまが多く、大変混雑が予想されます。
診療のご予約並びに変更はお早めにご連絡をいただけると幸いです。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.12.18更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

 

カンボジア観光・アンコールワット編!!

ついにやってきました。
伝説の世界遺産、アンコールワット。

その歴史は12世紀からと意外に新しく
当時すでに世界中には水平のビシッとでた建築物が
多く存在したことを鑑みると、建築技法そのものは
あまりフォーカスされないのかもしれません。

しかし、アンコールの遺跡が神秘的なのは
その後にこの巨大都市が放棄されて以後300年
フランス人によって発見されるまで
深い森の中で誰にも知られずにいた、ということでしょう。

その後、共産主義という幻影にのまれ
多くの宗教的価値のある建造物が破壊されました。

それでもいまなおここに存在し
多くのことをわれわれ人類に語りかけてきます。

ファンタスティック。

まずはテッパンのアンコール・ワットに上る朝日から。
アンコール朝日 

象徴的な5本の塔の背後から夜が明けていきます。

太陽がのぼるにつれて、その巨大な全貌が明らかとなっていきます。
いったいこの途方もない石造りの建造物を造るのに
どれほどの人員と年月が必要だったのでしょうか。
アンコール遺跡1
アンコール遺跡2

遺跡の下から樹木が育ち、そのチカラで遺跡の一部は崩れ
人工建築と自然とが引きはがすことのできない一体化を見せるここは
まさにナチュラル・インテグレーションの殿堂。

アンコール遺跡3

ラピュタ

まさに「リアル・ラピュタ」。

遺跡のそこかしこに残るカンボジア内戦の銃痕が
人の愚かさをまざまざと見せつけているような気がしてなりません。

世界が再び混沌としようとするこの時代に
私たちができることは何でしょうか。



投稿者: あおぞら歯科クリニック

2015.12.08更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

カンボジア観光編!!

やってきましたカンボジア。

アンコールワットなど
世界的に有名な世界遺産の国であると同時に
アジア最貧国のひとつであるこの国。

人口は約1,500万人でその多くが仏教徒ですが
忌まわしき4年間の間に多くの知識人たちが粛正され
それ以前とは寸断された悲しい歴史をもつ国です。

現地の人に話を聞いても
あまりポルポト時代のことは聞けず
確実に過去のいち時代のこととして
風化が進んでいるのかもしれません。

それでも人々は明るく、笑顔が一杯です。

さっそくホテル前の「トゥクトゥク」のおっちゃんに
ダウンタウンまで連れて行ってもらいます。

トゥクトゥク

基本的に交通ルールはありません(笑)。

交差点は行けたら行く。それだけです。

バイクでリヤカーのような客車を引くこの「トゥクトゥク」。
東南アジアではよく見かける乗り物ですが、
カンボジアではバイクに免許が不要なので
手っ取り早い職としてポピュラーな存在です。

10分ほどでダウンタウンへ。
ダウンタウン
マーケット1

独特のうさんくささが漂うマーケットでお土産を物色します。
ゲテモノオンパレード
おきまりのゲテモノ屋台。

この日はクモの姿揚げに蛇の串焼き
タガメみたいな固ったそうな虫の姿焼きに
コオロギの炒め物。フルコースです。

クモ、人気で売り切れ間近…

ダウンタウンの中心部は良くも悪くも観光地。
飲んだくれる外国人観光客のはしゃぐ声が
夜通し響き渡るカオスなエリア。
カオス

次回はいよいよアンコールワット編です!!

 

 

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら