あおぞら通信blog

2017.01.30更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

当院は2/1で開院10周年を迎えます。

いままでたくさんの患者さんやスタッフに支えられて
今日のあおぞら歯科クリニックがあるのだと
改めて感じ入る今日この頃です。

そんな感謝の気持ちをお伝えすべく
様々な企画を考えて参りましたが
そのうちの一つはこれ、エコバッグ。

エコバッグ

どうですか、この感じ(笑)!!

どこかで見たことが・・・ないですよね?

投稿者: あおぞら歯科クリニック

2017.01.27更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

子育熱心な(?)院長は
知育玩具のたぐいが大好きです(笑)。

以前もねんどを使った歯医者のおもちゃを
ご紹介したこと、ありましたね。

最近の楽しみはコイツ。

◯アゴスティーニの「おしゃべりガイコツ」!

デアゴスティーに

◯アゴスティーニといえば
みなさまご存知、毎月送られてくる部品を
地道にくみ上げていくと立派な商品になるというあれです。

これも例に漏れず地道に毎月組上げていくんですが
二ヶ月経ってまだ顔の前半・・・
正直興味が続くのか疑問(笑)。

今月はズバリ「歯」!

黙ってはいられない今月号に
子供からキットをむしり取る大人げない院長・・・

ほねほね〜

どれどれ、ほほ〜う。

下顎モケイ

いっぽんいっぽん独立した歯に
なかなかの気合いを感じます。

やるな、◯アゴスティーニ。

先月の前顔面と組み合わせると・・・

ほねほね

まあまあだな。

この「ほねっきー君」(←正式名称)
割とリアルで、完成図を見ると特に目が秀逸。

こんなん子供部屋に置いたらコワくて
寝れなくなっちゃうんじゃない?
という予想どおり、オプションでこんなカバーが・・・

カバー

苦肉の策・・・(笑)。



投稿者: あおぞら歯科クリニック

2017.01.15更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

先日はセンター試験が行われましたね。

今でもあの日のことを思い出します。
当時のセンター試験は確か英語からのスタートでした。

ハードロックをがんがんにかけたウォークマン(テープですよテープ!)
を装着し、余裕の表情で慶應日吉の試験会場に着いた院長。

隣のやつが妙に賢そうに見える焦りを悟られないよう
難しめの単語帳をこれ見よがしに広げて威嚇する私。

試験中におなかが鳴らないようにと密かに仕込んでおいた
カロリーメイト(フルーツ味)をおもむろにほおばり
すごくむせたのをなぜか鮮明に覚えています。

ところがいざ試験が始まると文を読んでも全く頭に入ってこない。
字面はなぞっていくのですが、内容が全く入ってこないんです。

これには本当に焦りました。

あとはもうがむしゃらで、全教科の中で唯一
英語の試験の後は強烈な虚脱感があったのを覚えています。

試験ごとに答え合わせをしだす
同じ学校の生徒とおぼしきヤツらの
言っている答えがまた強烈に自分のそれと違ったりして
ナニコレオワタ感がただよう中
ぐったりとして帰宅したものでした。

結果としてセンター5教科の成績はまあ悪くない点数で
その後の二次試験はさほど苦労した覚えはありません。

中・高・大・国家試験・大学院・専門医と
生まれてこのかた試験づくしの人生の中でも
やはり大学受験はなかなかの歯ごたえでした。

いまでも体調が悪いと決まってみる
「院長三大悪夢」があります。

一つ目は大学受験の試験問題が全く解けずにち〜んな夢。
二つ目は大学院の卒業試験で教授陣に集中砲火を浴びて撃沈する夢。

いずれも汗びっしょりで目覚めます。

そして三つ目は


・・



・・・・



・・・・・・




巨大な蝉に正面からハグされる夢です。

・・・飛びおきます。マジで。


以上、院長のセピアなセンターの思い出でした。


投稿者: あおぞら歯科クリニック

2017.01.03更新

こんにちは!都筑区仲町台の歯科、あおぞら歯科クリニック院長の池田智之です!

みなさまあけましておめでとうございます。

2016年も多くの学びや成長があった1年でした。
多くの人と出会い、たくさんの経験をさせていただけたことに
ほんとうに感謝です。

穏やかな気候とともに幕を開けた2017年。
今年はどんな年になるのでしょうか。



院長一家はこのお正月に
かねてから娘と約束していた
「うさぎ島」にいってきました。

「うさぎ島」。
それは今の幸せいっぱいの姿からは
想像できない悲しい歴史を背負った島。

瀬戸内海の沖合に浮かぶ
一周わずか4km程度のちいさな島「大久野島」。
昭和初期、この島は「地図から消された島」でした。

旧日本軍による大規模かつ秘密裏の毒ガス製造工場。
今も島内に点在するそれは、時の流れとともに朽ちているけれどしかし
人の中に秘められた狂気をかいま見るようで
見る人を闇の深淵へと誘い込むのに十分な負の遺産です。

この地にウサギが放たれたのは1970年台。
悲しい過去を払拭するために作られた休暇村構想のマスコットとして
ウサギが選ばれたことが始まりです。

前日に立ち寄った広島では
生まれて初めて「ヒロシマ」を目の当たりにした娘たち。

ヒロシマ

教科書の中での出来事から
今も連綿と続く自分自身の歴史・ルーツとして
感じるところがあったのでしょうか。

大久野島は広島の忠海港からフェリーでわずか10分。
穏やかな瀬戸内の海を滑るように進むとその島は現れます。

上陸するとそこは・・・

上陸

うさぎだらけ(笑)。

島内に700羽(あ、うさぎは羽で数えますね)いるうさぎたちが
さっそくぴょこぴょことお出迎え。

そんなにいるか?とおもった袋一杯の野菜たちも
あっという間になくなってしまいましたとさ。

うさぎと

にんじんダイレクト(笑)。

想像の上をいくウサギ島に子供たちは大満足。
時間が経つのを忘れて一日中うさぎたちと戯れておりました。

悲しい過去を背負った島に
人々の笑顔があふれる姿を見ると
この島に関わった多くの方の
この上ない鎮魂となっているように思えました。



あおぞら歯科クリニックは新年1/4(水)から
通常通り診療いたします。

今年はあおぞら歯科クリニックの10周年。
さらに地域のみなさまに貢献できるよう
全力で邁進していきたいと思います。

投稿者: あおぞら歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel 045-941-1818
診療時間 10:00-13:30,15:00-19:00
診療時間 img_foot_sp_tel.png メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら